マシュマロフォンダントとは?アイシングクッキー作り方のコツと材料

公開日:  最終更新日:2015/12/11

今、カップケーキやクッキーを華やかに飾り付けるデコレーションケーキ、いわゆる”デコケーキ”の「マシュマロフォンダント」「アイシングクッキー」を手作りするのが大変人気になっています。これから迎えるクリスマスやバレンタインなどにピッタリのマシュマロフォンダントとアイシングクッキーの簡単な作り方をご紹介します。

【スポンサードリンク】

<マシュマロフォンダント>

マシュマロフォンダントは溶かしたマシュマロを使って、ケーキなどを華やかに飾り付けるデ コレーションスイーツの事です。マシュマロに含まれるゼラチンに弾力や粘りがあるので、立体的な 細工が出来るのが特徴で、非常に難しく見えるのに作り方はとてもシンプルで簡単!立体的で華やかで食べてもおいしいという新しいケーキの形が人気の理由です。
WS000007
簡単にかわいらしいスイーツづくりが出来るマシュマロフォンダントは、作り方の本が発売されたり、各地で教室が開かれたりと、今 幅広い世代の女性に大人気になっています。クリスマスには、子供たちや仲間でワイワイ作るのも楽しいですし、 甘い香りに囲まれながらの作業は幸せな気持ちになります。マシュマロで作るので、甘すぎず見た目が可愛いだけでなく、本当 に美味しく食べられのが特徴です。難しそうで、自分には出来そうにないと尻込みしそうですが、型が あるので意外にちゃんとできるので大丈夫!不器用な方でも、型を抜いて組み立てればいいだけなのでとても簡単です。抜いた型や作ったバラなどをカップケーキの上にのせれば シンプルなカップケーキがゴージャスなデコケーキに大変身します 。お友達の家へお呼ばれした時などに手土産として作ったデコケーキを持って行くととても喜ばれますよ。

■マシュマロフォンダントの作り方■

① マシュマロを水で濡らして、電子レンジにかける。

WS000012

市販のマシュマロを耐熱ボールにいれて、全体を水で濡らして電子 レンジへ。マシュマロは500Wの場合:100gにつき約1分加熱し柔ら かくしたら、クリーム状になるまで混ぜます。

WS000001

② そこへ、粉砂糖を加えよく混ぜます。マシュマロと砂糖の比率 は、約1:3です。温度が下がったらしっかり手でこねて紙粘土のよ うな硬さになったらOKです。

WS000003 WS000002 WS000004

③ 食用の着色料で色を付ければカラフルな生地の出来上がりです。

WS000005 WS000008

④ 生地は薄く伸ばして、クッキーの型などで好きな形に成形していきます。小さなパーツを何層にも重ねて最後に広げるだけで簡単に可愛いバラも出来てしまいます。

WS000006 WS000007 WS000011 WS000009

(アーモンドと砂糖を一緒にローラーにかけて、ペースト状にした ”マジパン”を使うとよりキレイに仕上がります。通販などで市販のマジパンペーストは手に入ります。)


【スポンサードリンク】

<アイシングクッキー>

アイシングクッキーとは、クッキーにイラストを描いたデコスイー ツです。クリームの色は食用の着色料や天然素材のパウダーを調合する事で、綺麗なパステルカラーやティファニーブルーの色合いを作る事ができるのがポイントです。

 

■<アイシングクッキー作り方>■
① 卵白1個に対して粉砂糖約200gをしっかり混ぜ合わせ、角が立つようになればアイシングクリームの出来上がりです。
② そこに食用の着色料で色を付けていきます。(食用の着色料は 少しでけっこう色が出るので加減しながら入れて下さいね。) 食ベニの他にも抹茶パウダーやココアパウダー、かぼちゃパウダー 、竹炭パウダーなどなど、天然の素材を使った色々なパウダーが売られているので、そういったパウダーをアイシングの色付けに入れる事も可能です。天然素材のものは小さなお子様や健康志向の方は特におすすめです。またパウダーだとアイシング自体にも味が付くので美味しくなる効果もあります。
クリームは絵の具のように色を混ぜれば作れるカラーは無限大に広がります。
WS000001
③ 出来上がったクリームは、セロファンを丸めたコルネと呼ばれる絞り袋に入れて準備完了です。
WS000004
このクリーム作りが面倒だという方は、100均でもアイシングパウダーが豊富にそろっています。水を混ぜるだけでクリームが作れるのでとっても簡単です。非常に少量なので初めてアイシングクッキーをトライする方でお試ししたい方にはいいかもしれません。

④ まずはベースを作っていき、ベースがしっかり乾いたら模様を描いていきます。その時のコツがあります。アイシングクッキーを作る時ののコツは3つ!

コツ1 まずは、アウトラインから引く!
(硬めに作ったクリームで縁取っていきます。コツはラインを伸ばしながらおいていくイメージで絞っていくとコントロールがしやすくなります)
WS000005
コツ2 中を塗る時は、クリームに水を少し加えて柔らかくし、塗りやすくしてから内側を塗っていくのがポイントです。
WS000004
コツ3 フリルのよな模様を描きたいときは、セロファンを丸めた絞り袋の先をとがらせるように、三角形になる様に切る事で形を変える事が出来ます。1回1回先を押し付けるように絞るとフリル風に絞る事が出来ます。
WS000006  WS000003

材料や道具

アイシングクッキーを作る時に便利な材料や道具があるのでご紹介します。

<アイシングシュガー>

<粉末卵白>

乾燥卵白 100g / 粉末卵白 アイシング 製菓材料

乾燥卵白 100g / 粉末卵白 アイシング 製菓材料
価格:410円(税込、送料別)

 

<クリーム着色用>天然素材のパウダーです。

<かぼちゃパウダー>

<イチゴパウダー>

<抹茶パウダー>

<ココアパウダー>

《クックハウス》ブラックココアパ...

《クックハウス》ブラックココアパ…
価格:237円(税込、送料別)

<竹炭パウダー>

食用着色料です。
<食用着色料 赤・黄>

<食用着色料 青・紫>

<食用着色料 緑>

 

<クリスマス用のかわいいクッキー型>

 

<ナッツを抱えた熊のクッキーが作れる型>

 

<アイシングクッキー初心者の方には必要な材料や道具が揃った嬉しいセット>

まとめ

子供でも簡単にキレイに出来るので、クリスマス用にみんなで作るのも楽しくて思い出に残ります。自分達で作ったアイシングクッキーを飾れば、話も弾みいつもより盛り上がる事間違いなしです。子供の想像力を育むのにも良さそうです。食べるのがもったいないと思った時は、食べちゃう前に写真を撮っておきましょう。

 

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑