恵方巻きの方角2016は?決め方は超簡単!節分に食べる起源は?

公開日:  最終更新日:2015/12/09

節分に恵方に向かって「恵方巻き」をかぶりつく!という習慣は全国に浸透してきましたね。しかし、元々は関西地方の風習だったのでまだそれほど馴染みがないという方も多いのではないでしょうか?「恵方巻き」の風習はただ単に恵方に向かって太巻きをかぶりつくだけの行事ではありません。この風習には「なるほど!」という意味や由来があるんですよ。知ればご利益がアップするかどうかはさておき、せっかく毎年行うならそれを知らないともったいない!知れば結構面白いので是非ご一読下さいませ。

恵方巻きの方角2016はどっち向き?

まずは、節分の恵方巻きについて、たった1分でわかっちゃう!面白い動画がグーグル+さんからアップされているのでご覧ください。ただ、最後に出てくる「今年の方角」は、2013年の恵方の事を言っています。2016年の場合、たまたま同じでしたが参考にしないで下さいね。
2,016年の恵方巻きを食べる時に向く方角は「南南東」になります。
では、どうぞ!

「60秒でわかる恵方巻講座」

恵方巻きの方角の決め方は毎年超簡単に分かってしまう!

毎年、恵方巻きを食べる時期になると、今年の方角は●●●です!という事をよく見聞きしますよね。この恵方巻きを食べる方角は、恵方をさしているのですが、「恵方」の決め方は、「陰陽道」によって導き出されます。そして、その年にもっとも良いとされる方角には歳神様がいると考えられています。

毎年方角が変わる「恵方」ですが、その年の「恵方」が簡単に分かってしまう方法があるんですよ。

その方法は、下の【超簡単な恵方の調べ表!】を見て頂ければ一目瞭然!調べたい年の「西暦」の下1ケタに注目してください。例えば、2016年なら下1ケタは「6」ですので「南南東」となります。この表さえあれば、何年先であってもすぐに答える事ができますね。

【超簡単な恵方の調べ表!】

西暦の下1ケタ その年の恵方
「1」と「6」 南南東
「2」と「7」 北北西
「3」と「8」 南南東
「4」と「9」 東北東
「5」と「0」 西南西

下の表は、2016年以降の干支と恵方です。ほら見て下さい!
上の「超簡単恵方の調べ表」とちゃんと一致しているでしょ!

【西暦と60干支と恵方一覧表!】

西暦 干支 恵方(吉方位 )
2016年 丙申(ひのえさる) 丙(ひのえ) 南南東
2017年 丁酉(ひのととり) 壬(みずのえ) 北北西
2018年 戊戌(つちのえいぬ ) 丙(ひのえ) 南南東
2019年 己亥(つちのとい) 甲(きのえ) 東北東
2020年 庚子(かのえね) 庚(かのえ) 西南西
2021年 辛丑(かのとうし) 丙(ひのえ) 南南東
2022年 壬寅(みずのえとら) 壬(みずのえ) 北北西
2023年 癸卯(みずのとう) 丙(ひのえ) 南南東
2024年 甲辰(きのえたつ) 甲(きのえ) 東北東
2025年 乙巳(きのとみ) 庚(かのえ) 西南西
2026年 丙午(ひのえうま) 丙(ひのえ) 南南東
2027年 丁未(ひのとひつじ) 壬(みずのえ) 北北西


【スポンサードリンク】

節分に恵方巻きを食べる起源は?

「恵方巻き」の風習は、江戸時代の終わりに、大阪で商売繁盛を祈願するために始まったとされていて、恵方に向かって目を閉じ、食べ終わるまで一言も口を利かず黙々と食べる事で願いが叶うと信じられています。また、太巻きを切らずに食べるのは「ご縁を切らない」という意味が込められています。

最近は、海鮮巻やサラダ巻、牛肉の入った物など種類も豊富ですが、恵方巻きの中の具材の基本は、7種類だということをご存知ですか?

恵方巻きは、七福神にちなんで、「穴子(うなぎ)」「伊達巻(卵焼き)」「昆布、かんぴょう」「きゅうり」「レンコン酢」「おぼろ」7種類それぞれの具材に意味があり、それらを全て太巻きにする事で、「福を巻き込む」という縁起かつぎをしています。

穴子/うなぎ 身体の長い穴子/うなぎは、健康長寿が「永遠」にという意味が込められています。
卵焼き/伊達巻 卵焼きの黄色い色は、金運アップを願っています。
昆布 「養老昆布」で「よろこぶ」と読み、不老長寿の縁起を担いでいます。
かんぴょう 江戸時代の高級食品として上流階級の食材であったことから使われています。
きゅうり 「九の利を得る」に通じ、利益が得られますようにという願いを込めています。
レンコン酢 おせちでもお馴染み、先の見通しが良くなりますようにという縁起を担いでいます。
おぼろ おぼろの中の海老は、長寿の象徴で縁起を担いでいます。

 

まとめ

今では、コンビニのセブンイレブンが恵方巻きを取り入れたのをきっかけに恵方巻きの丸かぶりは全国でも知られる風習になりましたが、関西地方では当たり前のように行われていたこの風習は、大人になってだいぶ後になってから、実は地域が違えば、全くと言っていいほど浸透していないという事実を初めて知り、衝撃を受けたのを覚えています。

最近では、益々コンビニ各社がそれぞれの特徴を出そうと力を入れていて種類豊富な恵方巻きがお手軽に買える時代になりました。 今年はどこの恵方巻きにしようか悩みますね。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑