ナイアンティックとポケモンgoの関係は?イングレス(Ingress)とは?!

公開日:  最終更新日:2016/07/22

話題の最新スマホゲーム「ポケモンゴー」とはどのようなゲームなのかを理解するためには、このプロジェクトのパートナー企業であるNiantic(ナイアンティック)について知る事がキーになります。Niantic(ナイアンティック)とはどんな企業か?また、Niantic(ナイアンティック)が手掛けているゲームのIngress(イングレス)について知ることもポケモンゴーを理解するうえでの近道になるでしょう。

【スポンサードリンク】

ナイアンティックとポケモンgoとの関係は?

ナイアンティックと(株)ポケモンは、2015年9月10日に発表された ポケモンの最新プロジェクト、「Pokémon GO」(ポケモン ゴー)の開発運営に深く関係しています。ポケモンGOは、(株)ポケモンが、ナイアンテック・インク(Niantic. Ink)と任天堂をパートナーとして、3社で手掛けている新しいスマホゲームです。

ポケモンゴーについては、ポケモンンゴーとは?プラスの値段は?いつ発売日?の記事で詳しく説明しています。

Niantic(ナイアンティック)とは

2010年にグーグルの社内スタートアップ(ベンチャー)として、「人々が、友人や家族と一緒に楽しく現実の世界を探索しながら自分の身の回りについてもっと知識を深める事ができれば!」という思いで、NianticLab(ナイアンティック・ラボ)を設立。後に独立新会社としてNiantic. Ink(ナイアンティック・インク)となった。

ポケモンgoのベースは、イングレス!Ingress(イングレス)とはどんなゲーム?

ポケモンgoは、Niantic(ナイアンティック)が初めて手掛けた、「 Ingress(イングレス)」(プレイヤーが実際の街に出てプレイする、GPSを利用したスマホ向け拡張現実技術を利用したオンラインの位置情報ゲーム)がベースになっています。ポケモンGOのベースになっている「 Ingress(イングレス) 」 とはどんなゲームか?Ingress(イングレス)は、簡単に言えば陣取りゲームです。1400万ダウンロード、25万人以上のプレーヤーがイベントに参加されています。世界中のあちこちでプレイされている世界規模のゲームです。

WS000001

【スポンサードリンク】
◆Ingress(イングレス)

プレーヤーは、エンライテンド(覚醒派)レジスタンス(抵抗派)のどちらかの派閥に属する。世界各地に実際に存在する場所や建物が「ポータル」と呼ばれる重要拠点となり、各勢力はそれらのポータルめぐって毎日競い合っています。所有したポータルどうしをリンクさせ三角形を作ると「コントローフィールド」と呼ばれる自陣になります。要はそのコントロールフィールドの面積の大きさを競うゲームです。

このゲームの特徴は、現実のGoogleマップの地図そのものがゲームフィールドであるという事。重要拠点であるポータルは全て現実世界に存在する歴史的な場所や公園、モニュメントなどである。スマホでネットを接続し、位置情報を取得できる状態で実際にその場所に行かないとポータルを確保する事ができない。ゲームにはストーリが設定されており、実際に大規模なイベントが行われる事もある。ゲームは現実世界で展開されるので、地域のプレーヤー同士でコミュニティーを作って集まりミーティングを行っているような所もあります。今ではこのゲームを、観光振興に生かす自治体やビジネスに利用する企業もあるほどです。

世界中に何百万ものプレーヤーが存在します。プレイするためのアプリケーションは無料でアイテム課金はないものの、実際に現地に行くための旅費やその他の費用は、ゲーマーの間では「リアル課金」と呼ばれているらしい。

まとめ

ポケモンGOの基本プレイは無料ですが、一部課金になるようです。

ポケモンゴーのサービス配信開始は2016年を予定しています。。楽しみですね。

最新情報:2016年7月22日(金)遂に、ポケモンGOが日本でもリリースされました!!!

ポケモンGOとは?遊び方や必要なアイテムは?最新ダウンロード情報!をどうぞ!

 


WS000002

関連記事:
ポケモンンゴーとは?プラスの値段は?いつ発売日?
ポケモンgoの最新情報!配信日や発売日は?評判は?

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑