ノロウイルスを予防する消毒方法!99.9%感染を防ぐ消毒液作り方は?

公開日: 

ノロウイルスを予防する消毒方法は99.9%の効果がある?!

普通の細菌やウイルスは、表面に膜があるためアルコールをかけると溶けて感染できなくなりますが、ノロウイルスには脂質の膜がないため、一般的なアルコール消毒だけでは十分な効果を発揮しません。そこで、広島にある大学が研究に乗り出しました。その研究で、「”あるもの”から採れる成分を使えば家庭でノロウイルスの感染を99.9%破壊できる!!」 という画期的な答えを導き出しました。そのある〇〇とはいったい何だと思いますか?!

ノロウイルスの感染を予防には○○が最強!

ノロウイルスの感染予防に最強の○○とはいったいなんでしょう?

【スポンサードリンク】

その正体は、渋柿です。正確には、渋柿の中に含まれるタンニンという成分が、重要な役割を果たします。タンニンと言えば、加齢臭予防に効果があると言われている柿渋石鹸などを思い浮かべますが、タンニンは、それだけでなくノロウイルスにも効果を発揮するという事が研究で明らかになりました。渋柿から抽出したタンニンをノロウイルスにかけると、ノロウイルスのたんぱく質がそれに作用し固められて動けなくなってしまうのです。 このタンニンが多く含まれているのは渋柿です。渋柿からタンニンのエキスを絞り出したものと、アルコールの消毒液を混ぜ合わせ、スプレー容器に入れて手やまな板などの調理器具に吹きかければ、ノロウイルスを99.9%除菌できるという研究結果が出ています。

ノロウイルスを予防する消毒液の作り方は?

そんな優れもの、どうしたら手にはいるのでしょうか?!作ってしまいましょう!ノロウイルスを予防する渋柿消毒液スプレーの作り方をご紹介します。

【渋柿消毒液スプレーの作り方 】 

<材料>
渋柿 (渋柿はできれば、熟れていない青いものを選びましょう!)
・消毒用アルコール
 WS000003     WS000004
<作り方>
① 沸騰しているお湯に入れて5分間煮ます。
② 冷ましてから、渋柿をすりおろして、汁を絞ります。
③ 渋柿のしぼり汁:アルコール=1:2 で混ぜる。
④ スプレー容器に入れて、まな板などの調理器具や手にスプレーして使います。

まとめ

渋柿が手に入らない場合は、ホームセンターなどでも渋柿の濃縮液が手に入ります。ただし、食用ではないので口に入れないように気を付けて下さい。柿渋液は、においがキツイので無臭のものを選びましょう。

 無臭柿渋液 500g

 無臭柿渋液 500g
価格:1,296円(税込、送料別)

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑