お雑煮で地域の違いは?関西風と関東風の作り方!

公開日: 

「お雑煮」と一言で言っても地域によりかなり違いがありあます。もっと言えば、各家庭によってもそれぞれ特徴があり、お雑煮はとても興味深い食べ物です。「嫁いだ家のお雑煮と実家のお雑煮の違いに戸惑った!」なんていう話はよく聞く話です。お正月に食べるおめでたいお雑煮の特徴や作り方の違いについてご紹介します。

【スポンサードリンク】

お雑煮で地域の違いは?

お正月に食べるお雑煮は、それぞれの都道府県や地域で様々なお雑煮が食べられていますが、 地域別の違いは、大きく分けると「お餅の形」「お汁のタイプ」「具の中身」により特徴が変わります。
【お餅の形】
角もち派と丸もち派に分かれます。東日本は角もち、西日本は丸もちを食べるという方が多いようです。また、お餅を「そのまま煮る」と「焼いて入れる」のでも違いが出ます。
【お汁のタイプ】
味噌ベース派、しょうゆベース派があります。近畿地方と一部の地域では味噌を使うお家が多いですが、全国で見ると全体的にはしょうゆベースのお雑煮が多いようです。また、じゅうねん汁(エゴマ汁)の場合もあります。
【具の中身】
里芋や大根などの根野菜の他、しょうゆベースのお雑煮には小松菜やホウレン草、三つ葉鶏肉を入れる場合や、海産物が豊富な地域では、豪華に魚介類を入れる地域や、高野豆腐や凍み豆腐を入れる地域もあります。具の中身にはそれぞれの地域の特産物を入れる事が多いようですね。

WS000002

お雑煮の関西風の作り方は?

京都を中心に大阪や奈良など近畿地方で多く食べられている関西風のお雑煮の特徴は、使われる味噌は「白みそ」だという事です。そして、お餅は丸もちを焼かずに煮込みます。具材には里芋や金時にんじんを入れ、味は少し甘みがありまったりしています。

【スポンサードリンク】

【関西風お雑煮の作り方】

① 具材の、里芋、金時にんじん、大根などを食べやすい大きさにカットします。煮崩れ防止の為に角を面取りしてから下ゆでしておきます。
② お餅も煮ておきます。
③ 昆布だしに①の具材を入れ、丁度良い硬さになったら一旦火を止め白みそを溶きます。
④ そこへ柔らかく煮ておいたお餅を加えます。
⑤ お椀によそえば出来上がりです。
WS000004

お雑煮の関東風の作り方は?

関東地方や北海道、九州地方、中国地方では、関東風のお雑煮を食べるお家が多いようです。関東風のお雑煮の特徴は、関西風のみそベースのまったりしたものに対して、しょうゆベースのすまし汁タイプであっさりしたお雑煮です。お餅は角もちで焼いて入れるのが特徴です。

【関東風お雑煮の作り方】

① 干しいたけを戻しておき、小松菜は茹でておきます。
② 鶏もも肉、にんじんを一口大に切っておきます。
③ お鍋に鰹だし、しょうゆ、しお、お酒を入れて煮立たせます。
④ お椀に焼きもちと小松菜を入れて、③を注ぎます。
⑤ ゆずと三つ葉を添えれば出来上がりです。
WS000005

 

まとめ

元旦に初めて汲む水を「若水」といいます。お雑煮を作る時には、この「若水」を使うと1年の邪気が祓われると言われていますので、元旦に「若水」を汲んでおく事をお忘れなく! 美味しいお雑煮を作ってくださいね。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑