入学祝いを郵送で現金を送る方法は?宛名は?手紙は?

公開日:  最終更新日:2016/01/10

本来なら入学祝いを直接会って渡したいところだけれど、遠方に住んでいる時などでなかなか難しい場合があります。そんな時のお祝い金の郵送方法についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

入学祝いを郵送で現金を送る方法は?

入学祝いの現金を郵送する場合は、郵便局の現金書留を使います。現金書留とは、郵便局や文房具店などで売っている専用の封筒を購入し、そこに直接現金を入れて相手に送る事の出来る郵送方法です。入学祝いの現金を郵送で送る場合は、封筒にお金をそのまま入れるのではなく、現金を熨斗袋(のしぶくろ)に入れた物を、専用封筒に入れて送るといいでしょう。

WS000004

専用封筒には、現金封筒と大型現金封筒の2種類の大きさがありますので、熨斗袋(のしぶくろ)大きさに合わせて選んでください。どちらも1枚21円です。10.cm×18.cmの熨斗袋(のしぶくろ)のサイズであれば小さい方の現金封筒のサイズでも入りますが、心配であれば大きい方の大型現金封筒を購入しましょう。基本的には12cm×19cmの水引が平らなものであれば大型現金封筒で入ります。現金書留封筒はコンビニ等にはまずないので、通常は郵便窓口かゆうゆう窓口で購入します。

WS000009

現金書留で送る手順は

①現金封筒を21円で購入し、②表面に送り先等必要事項を記入し、現金の入った熨斗袋(のしぶくろ)をその中に入れます。中は2重になっているので入れるところを間違えないように注意して下さい。③現金袋の封も2重になっています。慣れていないと少し迷いますが、説明に従い封をします。④封をしたら3カ所に印鑑または署名して封緘し、窓口に持って行きます。

【スポンサードリンク】

入学祝いを郵送する時に宛名は誰にする?

入学祝いを郵送する時に、宛名を誰にするかで悩まれる方が多いようです。「送る子供の名前」にするべきか、それとも「親の名前」にするべきか。宛名については特に決まりはないので、親宛てにする方もいれば、子供宛てにする方もいてそれぞれです。一般的には、子供が小学生までは「親宛」、中学生以上になると出す相手との関係にもよりますが、「子供宛て」にする場合が多いようです。また、親の名前で送って親から渡されるよりも子供の名前が書いてある方が喜ばれる事が多いようです。しかし、子供宛てに送る場合で、心配な方は、住所の最後に「○○○○(親のフルネーム)様方」と入れてその横に、子供のフルネームを書くと安心です。
参考として、受け取った側の意見の中には、外の宛先は「親の名前」だったが、中に入れる熨斗袋(のしぶくろ)に、○○ちゃんへと「子供の名前」を書かれたものをもらって嬉しかったというものもありました。

入学祝いを郵送する時に手紙はどうする?

現金書留の中には、一緒に手紙を入れる事が出来ますので、入学祝いを郵送する時はぜひ一緒に手紙を付けて下さい。現金だけを送るより、お祝いの気持ちが伝わり一層喜ばれますよ。郵送の宛名を子供にした場合には、子供宛ての手紙だけでなく、ぜひ親宛ての手紙も添えましょう。手紙の内容は、基本的には、①お祝いの言葉 ②輝かしいに今後の生活に向けての言葉 ③お祝い金について ④締めの言葉 の4つで構成すればまとまりのある手紙になります。余裕があれば季節の挨拶や小さかった時の子供の様子などを入れればより温かみのある手紙になるでしょう。手紙を書く時の注意点は、書く相手の年齢に合わせた文章や言葉を選ぶ事と説教じみた事を書かないようにする事です。

まとめ

入学祝を渡す時期は、基本的には、「入学式前に渡す」というのがマナーになっています。入学が決まったらなるべく早く手配しましょう。入学式前の2~3週間前までに到着するように郵送出来れば安心ですが、無理な場合は、遅くとも、1週間前までには到着するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑