入学祝いのお金を入れる袋 は?のし袋の水引は?入れ方の注意点は?

公開日: 

入学祝いのお金を入れる袋を準備する際のポイントや注意点についてまとめました。 マナーを知らないと恥くだけでなく、相手に失礼になってしまう場合もあります。今年初めて入学祝を準備するという方や今から入学祝を準備されるという方はよろしければ参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

入学祝いのお金を入れる袋 はどんなもの?

お祝い事に使われるお金を入れる袋は、一般的には「祝儀袋」や「のし袋」「金封」などと呼ばれています。「祝い袋」と呼ばれる場合もあります。入学祝いは喜ばしい事ですので、お金を入れる袋には、のし付きの紅白のものを使います。

ところで、「のし」とは、のし袋やのし紙全体の事ではない事をご存知でしょうか?

「のし」とは、
のし袋やのし紙の右上に付いている、色紙を折ってつくった添え物のこと。「のしあわび」の略で、古来、神事の供え物として新鮮な海産物、中でも貴重なあわびを用いたことに由来する。
引用:日本経済新聞

WS000007
ちなみに、のしを付けるのは慶事だけで、お葬式などの弔事には付けません。

入学祝いのお金を入れる袋を選ぶ際に注意する事が2点あります。1つ目「格式を合わせる事」です。格式を合わせるとは簡単に言うと、入れるお金の額と袋の豪華さを合わせるという事です。例えば、5千円や1万円の額を入れる場合に、金銀のきらびやかな装飾をあしらった豪華な祝儀袋だと釣り合わず、格式があっていないと言えます。基本的には3万円以下の場合は、あまり派手ではないシンプルな物を選ぶ方が無難でしょう。今は、入学祝にピッタリの手ごろで可愛いらしいもがたくさん売られているのでそういうものを選んでも喜ばれるかもしれませんね。

そして、2つ目に注意する事は、のし袋の「水引きのタイプを間違えないようにする事」です。

入学祝いのし袋の水引はどのタイプを選ぶ?

水引とは、のし袋やのし紙を結わくもので、色々なタイプの結びのタイプがあります。一般的に、結婚式などの「基本的に一生に一度であってほしいような事」には「結び切り」、「何度も起こってほしいような事」は「蝶結び」を選びます。

WS000009 WS000008

入学祝いは何度もありますので、のし袋の水引は、「蝶結びのタイプ」を選びます。

WS000005

ちなみに、水引が紐で結わえているものでなく、印刷されているものは「略式」のもので、入れる金額が小さい時に使います。

入学祝いお金の入れ方の注意点!

入学祝いのお金を袋に入れる際、入れ方にも注意点がありますので見ていきましょう。お金を袋に入れる際は、向きがある事をご存知ですか?お金は、お札の人物の顔がある方が表です。中袋に入れる際は、表側を手前にして、上に人物の顔がくるようにいれます。中袋の後ろ側は〆の字を書きます。

WS000002WS000003

のし袋の裏側にも注意しましょう。祝儀袋の中袋に入学祝のお金を入れ、外袋を折りたたむ際に、外袋の裏側の重ね方に注意して下さい。裏側を見た時、上向きに重ねてあれば正解です。下向きは、弔事の時の重ね方ですので間違えないように注意して下さいね。

WS000006

また、入学祝いに入れるお金は、できる限り、新札を準備しましょう。シワシワのお札では失礼になります。一般的に、慶事には「折り目のない新札」を包み、お葬式、入院などの弔事には「折り目のあるお札」を包むとされています。新札を入れる事は、「あなたのために事前に準備しましたよ。」という気持ちを相手に伝える意味があります。新札は銀行や郵便局などで替えてもらえますので、早めに準備しておきましょう。

まとめ

色々なマナーやタブーがありますが、それぞれになぜそうなのかという理由がありますのでそれを理解すれば腑に落ちますね。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑