入学祝いのお返しは必要?お返しはいつする?カタログギフトはどう?

公開日: 

我が子の入学祝いを頂いたけど、「入学祝いのお返しはいらない」と聞いた事がある。実際はどうなの?と思っている人は少なくないのではないでしょうか。入学祝のお返しについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

入学祝いのお返しは必要?

入学祝いのお返しが必要かどうかについて、マナーについて書かれたものをいくつか調べた結果、ほとんどどれも、「入学祝いのお返しは基本的には必要ありません。」と書いてあります。入学祝は、子供に送る物なのでお返しは必要ないという事のようです。

しかし、更によくある質問などを調べてみると、実際には、半分ぐらいの割合で「内祝い」をするというケースが見られました。ちなみに、「内祝い」を品物で用意する場合は、もらった金額の3分の1~半返しまでが相場になっています。入学祝のお返しは「基本的には」必要ないけれど、地域や風習の違いで一概には言えない。場合によっては、「内祝い」を準備するという場合が多いようですが、実際にはこれと言った正解はないようです。

また、もらった相手からの「お返しは必要ないよ!」と言う言葉は、信じていいのか?それとも、社交辞令なのか?についても調べてみると、「お返しは最初から期待していない!」という側と「お返し必要ないというのは社交辞令と思った方がいい!」という側で意見は真っ二つに!当然と言えば当然ですが、こちらも正解はないのかもしれませんね。

だた、どちらの側であっても、贈ってくれた人の気持ちに感謝して、贈ってくれた事を喜んでいる事を伝える事が大切だ!という意見は一致しています。「入学祝いは必要ない!」と言っても、お礼も言わないでいいわけではありません。贈ってくれた人に直接会ってでも、電話でも手紙でも、「ありがとう」や「うれしい」という気持ちを素早くきちんと伝える事は非常に重要です。それが伝わるだけで、贈った側は「贈って良かったな」「喜んでもらえてうれしいな」という気持ちになるものです。人の満足感は、そこが満たされるかどうかで雲泥の差が出るものです。「うれしい」「ありがとう」をいち早くしっかり伝える事が出来ていれば、多少の作法の違いがあっても失礼になることはないでしょう。
しかし、心配であれば、お礼の言葉や手紙だけにするのか、内祝いを付けるのかどうかなどは、地域性や風習、個人の考え方にもよりますので、身近にいる経験者の意見を聞いてみるのが一番です。他の方の意見を参考に、よく話し合って各家庭の方針を決めていけばいいでしょう。

入学祝いのお返しはいつするの?

入学祝いのお返しはいつすればいいかについては、頂いたらまず、出来るだけ早くお礼を言います。お返しをしない場合でも、子供からもお礼を言うようにしましょう。手紙を送る場合は写真を添えるとより「うれしい」気持ちが伝わるかもしれませんね。内祝いを送る場合は、入学式が終わったらなるべく早く渡すか送るようにしましょう。

祖父母には、子供からの手紙や絵に、「祖父母から頂いたプレゼントと一緒に写っている孫の写真」や、「入学式の時に撮った写真」など孫の成長が分かる写真を、素敵な写真立てに入れたり、引き伸ばして額縁に入れたり、フォトアルバムにしたりしてプレゼントすると大変喜ばれますよ。

【スポンサードリンク】

入学祝いのお返しにカタログギフトはどう思う?

入学式のお返しで、内祝いとして品物を贈る場合は、何を贈っていいのか悩みますよね。入学祝いのお返しには、結婚式や子供が誕生した時の内祝いと違い、名前入りなどのこだわりの強い物ではなく、お菓子、日用品などの消耗品やカタログギフトが選ばれる事が多いようです。カタログギフトに関しては、これもまた、賛否両論あります。地域によっては全く根付いていない事もありますし、年配の方であまり良く思わない方も少なくはありません。しかし、残らない消耗品といえども、例えば、洗濯洗剤ひとつとっても、粉タイプなのか液体なのか、それともジェルボールなのかというだけでも好みが分かれますし、香りやブランドは、特にこだわりがや好みが強く出るところでもあります。一生懸命あれこれ悩んだあげく、喜んでもらえないどころか、「これいらないな!」とちょっと迷惑に感じらるなんて悲しくなってしまいますよね。そのため、贈る相手にとって趣味の合わない物や、使わない、いらない物を贈るより、相手に好きな物を選んでもらえるという理由で、カタログギフトはとても人気があります。カタログギフトのカタログは値段によって細かく分かれているので、あれこれ悩まず頂いた額に合わせたお返しが簡単にできるところが魅力です。あまり安いものだと、「カタログの中に欲しいものがないな」という事もありますが、それでも、「普段は買わないけど、たまにはこんなものを食べてみようかな」というような品を思い切って選べるのも良い所です。

カタログによって色々な特徴や種類があります。

カタログギフト CATALOG GIFT

カタログギフト CATALOG GIFT
価格:2,910円(税込、送料込)

カタログギフト CATALOG GIFT

カタログギフト CATALOG GIFT
価格:5,324円(税込、送料別)

カタログギフト CATALOG GIFT

カタログギフト CATALOG GIFT
価格:7,664円(税込、送料込)

まとめ

入学祝いのお返しに関しては、目安はありますが、絶対のルールはありません。地域や風習、個人個人の考え方で違いが出るのは当然の事で、どの意見にも賛否両論あります。迷った時は、身近にいる経験者などの意見を参考に、贈ってくれた人の気持ちを大切にすれば間違いはないのではないでしょう。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑