七五三の親の服装はお参りと写真撮影で変えるべき?着物かスーツか?

公開日:  最終更新日:2015/10/13

今年、いよいよ我が子の初めての七五三参りに行くというあなたへ。
「おめでとうございます。」晴れ着を着た我が子を見ると「もうこんなに成長したのか!」としみじみ嬉しくなるものですよね。七五三は、子供の成長を祝う大事な節目の行事です。おじいちゃん、おばあちゃん達も可愛い孫の晴れの日を黙って見てはいられません。両家それぞれ色々な思いがあり、時には意見され戸惑う事もあるでしょう。そんなプレッシャーを感じつつも、知らずに恥をかくなんて事がないように慎重に早めの準備をしたいものですね。

気を付けたいのは、我が子の準備に集中し過ぎて、ついつい自分の事を忘れてしまいがちになる事。七五三で親はどんな服装をすればいいかご存知ですか?「子供の服は決まったけど、自分の服装の事は後回しになっていた…」なんて慌てなくていいように早めに準備しておきましょう。

七五三のお参りで失敗しない為の、父親と母親の服装選びのポイントをご紹介します。是非参考にしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

七五三の親の服装はお参りと写真撮影で変えるべき?

お参りの時の服装と記念写真の時の服装については、それぞれのスケジュールによって違ってくると思います。写真撮影をしてそのままお参りに行かれる方もいますし、お参りと撮影日を別に設定している方もいます。それぞれの都合があるので一概には言えませんが、七五三を経験した先輩たちに「記念写真はきっちり正装!お参りはスーツで!」という意見が多くありました。
記念写真は子供の記念として後々にも残るものです。写真はご両親へのプレゼントや年賀状用としても使えるので正装して、きちんとしたものを残したい。
お参りは、カジュアル過ぎずキッチリ感を出しながら動きやすさや実用性を重視したスーツがふさわしいという事です。

それぞれのスケジュールや事情、好みでどのような服装を選ぶのかは変わってきますが、親の服装選びをする上で、外せないとても大事なポイントが2つあります。
1つめは、「主役は子供である」という事。
2つめは、「格式をそろえる」という事。
詳しく見ていきましょう。
<主役は子供>
子供が「第一礼服」、親は「略式礼服」。親は子供より「格下」となる服装が基本です。たまに子供より目立ってしまっている親御さんも見受けられますが、あくまで主役は子供である事を忘れずに!
<格式をそろえる>
父親が「カジュアル」なのに母親が「フォーマル」などアンバランスにならないように2人の服装の「格」をそろえる事も大事です。

【スポンサードリンク】

七五三の親の服装はやっぱりスーツ?どんなものを選べばいいの?

では、どのようなスーツを選べばいいのでしょうか?
<形は>
以前は、お子様が着物であればご両親はフォーマルスーツで合わせるというのが一般的でした。しかし、今は、もう少しゆるくなっており、父親はスーツ、母親はワンピースという方が多いようです。仕事で着るような硬いスーツではなく、柔らかい感じの華やかなデザインのセレモニースーツと言われるものがあると大変便利です。ジャケットとワンピース、スカートかパンツ、ブラウスのセットアップで組み合わせが自由に出来るので使い勝手がとてもいい物です。
<色は>
正装と言えば、ブラックフォーマルですが、七五三のようなお祝いの時には少し暗いイメージになってしまうので、明るめのグレーやベージュ、紺色が多く選ばれているようです。お子様の衣装の色や、パートナーの服の色とのバランスを考慮して選んでみて下さい。また、コサージュやパールも取り入れるといいかもしれません。迷ったら、今後の出番が多い使いやすいベージュがいいかもしれませんね。

七五三の親の服装で着物はどう?

<父親の着物は>
和装の場合は、黒、グレー系の紋付きが一般的。紋付でなくても着物と羽織でも良いようです。しかし、父親の紋付は非常に少数派です。
<母親の着物>
訪問着か付け下げが一般的
お子様が紋付の着物の場合は、色無地紋付か色留袖が良いみたいです。
注意点はお子様より格が高くならないように!

まとめ

「結局、いったい何を着たらいいの?」と迷ったら、
「主役は子供である」という事。
「格式をそろえる」という事。
この2つを忘れなければ、着物でもスーツでもどちらでも大丈夫です。
ただ、3歳のお祝いの場合は、お子様がぐずる事や眠くなって抱っこという事もあるでしょう。また当日が晴れるとは限りません。雨天の場合は着物だと大変です。汚れの心配や帯の締め付けでお母さん自体が疲れてイライラしまってはせっかくのお祝いが台無しに。お子様が小さいうちはやはりお世話がしやすく動きやすいスーツがおススメです。どうしても着物が着たい!と言う場合は、記念写真撮影を別の日に設定して写真撮影の日に着物を着てもいいかもしれませんね。
スーツは今後も入園、入学、卒園、卒業…と意外に出番が多い物です。
わざわざ1日のためだけにスーツを買うのももったいない!と思わずこの際お気に入りの素敵なセレモニースーツを一着新調してみてもいいかもしれませんね。
思い出に残る素敵な七五三になりますように…

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑