りんご病に感染するとどうなる?感染経路と症状、予防は?

公開日: 

WS000007

【スポンサードリンク】

りんご病に感染するとどうなる?

伝染性紅斑である「林檎病-りんごびょう」は、ヒトパルボウイルスB19による感染症で、感染するとほっぺたがリンゴのようにあかくなることからそのように呼ばれています。

WS000006 WS000005

一般的には5~9歳ぐらいで10歳までの子供に感染する事が多く、軽度の場合は、発熱や発疹がでるぐらいで自然治癒するので,かかった事に気付かない事もあります。りんご病は、成人の約半数が免疫を持っていると言われている為、大人の発症率は低いので子供の病気と思われがちですが、大人がかからないかと言えばそうではありません。大人がかかった場合は、子供より症状が重く出る事があり、強い関節炎のような症状が出る場合もありますので厄介です。一般的には,ほとんど心配のいらない疾患ですが,妊娠中の人がかかると、ヒトパルボウイルスB19が胎児に感染し,胎児の水腫や貧血,子宮内胎児発育遅延や死亡、流産などの原因となることがあります。また、溶血性貧血の方は貧血の悪化が心配されますので、妊娠中の方やと溶血性貧血の方は特に注意が必要です。

【スポンサードリンク】

りんご病の感染経路と症状は?

りんご病の感染経路は,飛沫感染と考えられています。潜伏期間は14~18日ぐらいで、多くの場合、発疹が出る前に5~7日間ほど、発熱、せき、鼻水、倦怠感などの風邪のような症状が続きその後、赤い発疹が出始めます。湿疹が出る前には血中や咽頭にウイルスが検出されますが、発疹が出現するとウイルスは検出されなくなる場合があります。風邪のような症状が続いた後は、ほっぺたに紅斑が現れ1~4日で消えます。続いて太ももを中心に網目やレース状の紅斑が1週間ぐらい現れます。紅班が消えた後でも,直射日光をあびたり、入浴したりすると再び現れる場合があり1~4週間続くことがあります。発熱は微熱程度である事がほとんどの為、最初は軽い風邪だと勘違いしてしまう場合もありますので、リンゴ病が流行し始めた時は、風邪のような症状の後に紅班などが出現しないかを注意深く観察して下さい。

WS000009

りんご病の症状は以下のようなものがあります。

・腕や太ももなどに出る紅斑、血管炎
・高熱
・関節痛、
・だるさ
・吐き気
・めまい

りんご病の感染予防は?

りんご病の感染経路は飛沫感染なので、 予防策は風邪やインフルエンザと同じように、一番大事な事は、「手洗い」「うがい」を徹底する事です。流行時はなるべく必要のない外出を避け、特に学校や職場で集団感染が起こっているような時は、免疫を落さないような生活を心がけ、十分注意しましょう。外出する時は、必ず「マスク」を着用します。また、周りでりんご病の感染が疑われる人がいる場合で可能であれば拡散防止の為、マスク着用をお願いしましょう。

まとめ

りんご病の流行時期は、3月~7月頃が多く、大流行は5~6年周期であると言われています。最近ちらほらリンゴ病のニュースを耳にしています。手洗い、うがいを十分に行い、注意して下さいね。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑