新生活に必要な物リストは?一人暮らしであると便利な物は?

公開日: 

4月から親元を離れ、初めて一人暮らしをするという方は、これからは親にうるさく
自分の好きなようなに出来るようになると、これから始まる新生活にワクワクしているのではないでしょうか。しかし、ワクワクばかりしてはいられません。今まで当たり前のようにしてもらっていた食事の準備や掃除、洗濯などなど、これからは全て自分一人でしなければならなくなります。そんな、一人暮らしの新生活になくてはならない必需品やアドバイスなどをご紹介します。

【スポンサードリンク】

新生活に必要な物リストは?

新生活をしていく上で、最低限に絞った必要な物リストをご紹介します。

<照明器具>
まずは、見落としがちですが、賃貸物件によっては照明器具が付いていない場合もありますので、入居前に照明器具が付いているかをチェックし、付いていないなら、何はなくともまずは照明器具を確保する必要があります。そうしないと、昼間はいいですが、夜になると何もできなくなってしまいます。

<カーテン>
カーテンがないと外から丸見えで落ち着かない!とにかくカーテンは必需品!賃貸物件によっては、カーテンレールが付いていない場合もありますので、まずはそこをチェック!ない場合はホームセンターなどで伸縮性のものが売っています。カーテンやレールを買う場合は、しっかり寸法を測っておく事もお忘れなく。カーテンレールを買うなら、1本でレース用と普通のカーテン用が掛けられる2連式のものが便利でおすすめです。春先は、100均一でも新生活応援コーナーが充実してくるので要チェックです。ちなみに、カーテンを扱っていることも多いですが、100円ではなく、500円ぐらいです。
WS000004WS000000
<洗濯機>
いちいちコインランドリーに行くのは大変だし、毎回となるとそれなりのお金がかかります。行く手間や時間も拘束される事を考えると、家に洗濯機を購入した方が絶対にいいでしょう。最近は、洗濯機売り場に行くと、コインランドリーの乾燥機のような、ドアが横開きの洗濯機が主流になってきています。このタイプは、1台で乾燥機まで出来るので、もし可能であれば、少し値段は張りますがおススメです。乾燥機までついているものは、いざと言う時や、雨の日が続く梅雨時期、女性であれば、下着など外に干したくないものなどを乾燥させるのに便利です。そして、横開きのタイプでは、洗濯機の上に物が乗せられるのも魅力です。一人暮らしの狭い部屋には「省スペース」ということも頭に入れる必要がありますからね。ベランダに干す方は、物干し竿おも必要ですね。ホームセンターなどに行けば、伸縮性のあるステンレスの物干し竿が1000円ぐらいで売っています。

<冷蔵庫>
料理をしない人でも、飲み物などを冷やしたり、買ってきた食材を入れておいたりすることもあるので、小さくても冷蔵庫はあった方が良いでしょう。

<ローテーブル>
ご飯を食べる時や、パソコン、勉強をする場合にも必要でしょう。さすがに、段ボールでというわけにはいきませんからね。こたつ式になっているテーブルなら寒い冬は暖かく、夏はこたつ布団を外せば快適に過ごせる優れものです。値段も手ごろで、色々なサイズが売っていますので自分の部屋に合わせてサイズを選べるのもいい所です。

<鍋・食器>
料理をしない人でも、鍋が一つあれば、お湯を沸かし、インスタントラーメンぐらいは作れます。コップ、箸などの必要最低限の食器も少し揃えておきましょう。揃える数を必要最低限にすれば、洗いものが溜まってしまうという事を防げますよ。自分のお気に入りの食器を選べば大事にしますしね。こだわりのない人なら、ここでも100均一が活躍します。
ちなみに、自炊をする人なら、鍋の他に、まな板、包丁&(包丁研ぎ)、ピーラー(皮むき)、フライパンぐらいあるといいですね。しっかり料理する人なら圧力鍋が便利という意見もあります。個人的には自炊の人は、炊飯器はあった方がいいと思うのですが、土鍋でもご飯は炊けます。土鍋があると冬は鍋が出来て楽ちんですしね。
ちなみに、借りた部屋によっては、「ガスコンロ又は電気調理台」付いていない場合があるのでチェックして下さい。自炊しない人でもガスコンロや電気調理台と鍋が一つあればお湯ぐらいは沸かせますし、インスタントラーメンぐらいは作れますので、ぜひあった方が良いでしょう。ガスコンロでお魚グリル付のものなら、食パンを焼く事も出来ますよ。まあ、朝パン食の人は高いものではないのでトースターを買った方が良いかもですけど…

<掃除用具>
お風呂やトイレの掃除用具は必需品です。今までお家の方がやってくれていて何とも思っていなかったかもしれませんが、お風呂やトイレは暫く掃除をしないで放っておくとえらい事になります。そうなる前にこまめに掃除できるように準備しておきましょう。掃除機については、部屋にもよりますが、フローリングの部屋が多いなら、まずはクイックルワイパーや、コロコロで様子を見て、しばらく様子をみてから購入を検討してもいいかもです。

【スポンサードリンク】

新生活に必要なものを揃える時、一人暮らしに注意することは?

新生活に必要な物を買いそろえる上で一人暮らしの場合は、特に注意したいことがあります。それは、「始めから色々買い揃えすぎないこと!」です。まずは、最低限必要な家電製品や生活雑貨だけでやってみましょう。なぜなら、実際に生活をする前に色々揃えもので、「実際はいらなかったな」「使わなくて邪魔だな」「こっちにしておけばよかったな」ということは意外に多いものです。しばらく暮らしてから購入することの利点は、暮らしていくうちに本当に欲しいもの、その部屋に合ったピッタリのものが見えているので間違いが少ないことです。特に、値段の張る家具や家電の場合は注意したほうがいいでしょう。よく、大手家電量販店などで新生活応援キャンペーンと銘打って、10万円以内で収まる値段で冷蔵庫や電子レンジ、掃除機など一人暮らしに必要であろう家電製品をセットで売り出しているのを目にしたことがあるでしょう。しかし、これもよく考えて購入して欲しいと思います。なぜなら、このセットが本当にお得なのかは?です。新生活応援キャンペーンなどのセットは、とりあえずあればいいと言うような無頓着な人や選ぶ時間のない忙しい人、両親などが息子や娘の一人暮らしにとりあえずプレゼントする場合など、予算が見えやすいので取っ付きやすく、とにかく手っ取り早いように企画されている戦略です。一人暮らしのスタートには、できれば、必要最小限のそれぞれの状況に合ったものを単品で選び少しずつ揃えていくことの方が、結果的には自分のライフスタイルにピッタリのものを失敗なく揃えていくこと、お気に入りのものだけに囲まれたクオリティーの高い一人暮らしに繋がるでしょう。

新生活にあると便利なものは?

絶対ではないけれど、新生活であると便利なものは、ズバリ、<電子レンジ>です。

自炊をする人も、あまり料理をしない人も電子レンジはあった方が便利です。特に、自炊をしない人は、スーパーやコンビニで冷凍食品を買うことも多いでしょう。買ってきた冷凍食品を温めるには欠かせないですね。料理をする人でも、一人暮らし用の備え付けのコンロは1口コンロだったりすることも多いので、電子レンジでの下ごしらえなどには欠かせないでしょう。また、食べ物が温かいというだけでちょっとホッとします。一人で冷たいコンビニ弁当をほおばっていると涙が…なんてことにならないためにも、できれば電子レンジはあった方がいいかもしれませんね。あと、トースターも何かと使えて便利です。ちなみに、ポットはなくても良かったという意見の多い電化製品の一つです。前出のように鍋一つあればお湯は沸かせますし、電子レンジがあれば、カップにお水を入れて温めることも出来ます。しかし、頻繁に温かい飲み物を飲むと言う人なら、ポットではなく1分ぐらいですぐにお湯が沸く「電子ケトル」なら、使いたいときにすぐ使えて、無駄な待機電力も必要なく、いつでも新鮮なお湯が早く湧かせるのでいいかもしれませんね。

まとめ

新生活は何かと出費が多くりますので、なるべく出費を抑えたいですよね。100均一などもうまく利用しながら、始めから全部揃えず、少しずつ様子を見ながら買い揃えていくことが、失敗なく新生活をスタートさせることができる秘訣です。新しい門出に幸運を!

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑