エアコンの取外しを素人が自分でする場合の処分費用と方法は?

公開日: 

エアコンの取外しを素人が自分でできる?

エアコンの取り外しは、取り付け作業に比べると簡単に出来そうです。実際インターネットを検索してみると「エアコンを自分で取り外す方法」などが紹介されています。そのため、エアコンの取り外しを素人が自分で出来るかと言えば、必要な道具と、ある程度の日曜大工の経験や電気の基礎知識があるなら「できる!」と言えるでしょう。 しかし、エアコンを無事に取り外せたはいいが、次に使う時に、「取外し作業時に冷媒ガスが抜けてしまっていて、補充してもらうのに余計にお金がかかってしまった!」など何かしらの失敗をしている方が多いと事実もあります。素人が取外し費用を浮かせようと自分で作業すると、実際は再度設置した際に、冷媒ガスの補充や修理部品代などで逆に高くついてしまうというリスクが伴うこともあります。

【スポンサードリンク】

もし、取り外したエアコンをもう使う予定はなく、処分するだけというのであれば自分で取り外すことに挑戦してもいいかもしれませんが、取り外したエアコンを移転先で再度設置し使用しようと思っているのであれば、プロに任せる事をおすすめします。また、取り外したエアコンをリサイクル業者に回収してもらいたいと考えている場合などは、特に、自分で取り外してしまうと引き取ってもらえない場合が多いので気を付けて下さい。素人が取り外したものは故障している場合が多く、また、取外してしまった後のエアコンは動作確認ができないので、引き取ってもらえないというのが理由のようです。リサイクル業者は基本的には、取外しを自社で行う事がほとんどのようですので、リサイクルを利用する場合は業者に任せましょう。取り外した後に使用する予定がなく処分するだけなら、無料で回収を行っているリサイクル業者を上手に利用するのも一つの手です。

エアコンの正しい外し方を伝授します(外部リンク)を貼っておきます。

自分で取り外してみようという方は参考になるかと思います。

エアコンの取外しにかかる処分費用は?

参考までに、業者にお願いした場合の、エアコンの取外しにかかる処分費用の相場をみてみましょう。エアコン取り外し工事料金は、通常移転先での取り付け設置作業と合わせて見積もりされることが多いので、取外し作業単体での相場を知らないという方は多いのではないでしょうか。しかし、当然、取外しだけの作業をお願いすることもできます。引越に伴って、エアコン1台の取外しを引っ越し業者に頼むという場合は、だいたい8,000円ぐらいが相場のようです。専門の電気業者の場合で、3000円~5000円ぐらいが相場です

 詳しくは、エアコン取り外し料金の相場と処分費用は?室外機の回収は?(内部リンク)の記事をご覧ください。

 

エアコン取外しのみの場合は特に、引っ越し業者に頼むと値段はお高めになりがちです。面倒でないなら専門業者に依頼したほうが安くなる場合が多そうです。もし、エアコンを取り外した後、移転先でも使用予定がある場合は、3000~5000円なら、故障や不具合を避けるためにもプロに依頼した方が結果的に安くなる可能性がありますので、依頼することも十分検討する余地がありますね。

エアコンを取外した後の処分の方法は?

エアコンを取り外した後に、不要になった場合の処分方法の代表的な方法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

1、指定場所への直接持ち込み
指定されたリサイクル品の引取場所が全国にあります。そこに直接持ち込めば、取り外して不用になったエアコンを回収してもらうことが出来ます。ただし、郵便局などで予めリサイクル料金を払い込む必要があります。業者や小売店の代わりに自身で運んでいくので運送料だけは省かれます。 どちらかというと、個人より事業主向の方法かもしれません。

使わなくなった製品をご自分で指定引取場所へ持っていく場合の手順(外部リンク)

 

2、引取だけをお願いする。
自分で直接持ち込みが困難な場合、地域の自治体や近くの家電小売店などに引取だけをお願いすることが出来ます。その場合は、郵便局でリサイクル料を払い込みと、引取り業者に運搬料を払う必要があります。対応していない自治体もあるので、事前の確認が必要です。

リサイクル料金郵便払込み方式(外部リンク)については、コチラで確認できます。

WS000001

3、家電小売店などに回収してもらう
エアコンの買い替え時に発生する古いエアコンを処分する場合に該当します。古いエアコンを購入した店舗でなくても、新しいエアコンを販売した店舗は、引取とリサイクルが義務付けられています。また、古いエアコンを購入した小売店にリサイクル及び回収を依頼することも義務付けされています。家電小売店にリサイクルしてもらう場合は、リサイクル料と回収運搬料の両方を支払うことになりますが、まとめてやってもらえるので便利です。
WS000000

4、リサイクル業者に引き取ってもらう
この場合は、前述したとおり、勝手に自分で取り外すと引き取ってもらえないなど、引き取ってもらえる条件などがあります。引き取り業者によってそれぞれ違いますので、注意事項や条件などを引き取ってもらいたい業者に事前にしっかり確認しておくと安心です。

まとめ

エアコンを自分で取り外す際には、取り外した後のエアコンをどのようにするかによって色々と注意点がありますので、取り外す前によく調べてから決断し実施して下さいね。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑