手作りの梅ジュースに泡やカビでも飲める?失敗の原因は?

公開日: 

今年初めて作るという人で、梅ジュースが出来上がっていく過程を見たことがない人にとっては、「手作り梅ジュースは簡単に出来る!」といっても不安に思うことも多いものです。梅ジュースが出来ていく過程で、よくあるトラブルやこれって大丈夫と気になることについてまとめました。

【スポンサードリンク】

手作りの梅ジュースに泡がでたら…

手作りの梅ジュースのビンの中に白い泡が出てくる原因と対処法は?

梅ジュースを手作りする場合、暫くすると容器の中に白い泡が出る場合があります。その原因は梅と一緒に入れた砂糖の解けが悪く、発酵してしまったのが原因と考えられます。白い泡が出てしまい慌ててしまいそうですが、梅ジュースを作る過程で発酵することはよくありますので、多少泡がでる程度なら心配ありません。 白い泡が出てしまった時の対処方法としては、作り始めてから10日以上たっている場合と作ってすぐの場合とで少し違います。

WS000001

作り始めてから10日以上たっている場合なら… 
①梅の実を取り出す。
②梅のシロップ液だけをホーロー鍋に移して、アクを取りながら弱火で煮ます。
③火を止め、冷めてから保存ビンに入れて冷蔵庫で保管します。
梅の実は、ジャムなどに使いましょう。
作り始めて10日以下の場合なら…
上の、①~③までの過程は同じです。違うことは、梅シロップ液が冷めたら、取り除いておいた梅の実と一緒にまた元のビンに戻して再度漬け込みます。

梅ジュースにカビが生えても飲める?

梅ジュースを作っている過程で、蓋を開けてみると、目にも鼻にツーンとくる感じがする場合があります。よく見ると白カビが…なんてことも。梅の白カビは梅の天然酵母なので大丈夫!なんていうことも聞きますが、梅ジュースにカビが生えても本当に飲めるの?と心配になりますよね。白カビが生える原因は複数考えられますが、代表的な原因を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】
・保存容器の消毒を充分行っていなかった。
・梅を洗った後に水分をしっかり拭き取らなかった。
・中身をかき混ぜず放置した為、梅の表面が長期間露出してしまった。
・梅の実自体が良くなかった。
などです。

白カビが生えていた時の対処法としては、漬けてから10日ぐらい経っていて、エキスが充分抽出されているようであれば、梅の実を取り除いて、梅のシロップ液のみを加熱殺菌すれば大抵は大丈夫です。しっかり冷ましてから冷蔵庫などで保存しましょう。

もし、梅の実を漬けて間もない、梅の実からエキスを摘出できていない状態の場合は残念ながら復活は厳しいかもしれません。中には、わざと白カビを生やすという方もいるようですが、初めてつくるような素人の場合はちょっと難しいかもしれませんね。その場合は、今後の経験の為に色々試してみてもいいかもしれないですね。

梅ジュースで失敗の原因は?

梅ジュースを作る過程で失敗するその他の原因もあげておきましょう。
良くあるのは、砂糖がビンの底に沈んで溶けないこと!その場合は根気よくエキスが出てくるまで毎日マメにビンをゆすってかき混ぜていきましょう。また、梅の実に白カビが生えてしまう原因のところでも少し触れましたが、梅の実自体に失敗の原因がある場合があります。使った梅の実が未熟すぎる場合、果肉からエキスが出る量が少ないので、砂糖が溶けないということもあります。その場合は、作り始めて10日ほど経っているのなら、先程と同じように、梅の実だけを取り除き、ホーロー鍋に、砂糖の溶けきれなかった梅のジュース液のみを弱火にかけて加熱すると上手く溶けます。
WS000003

まとめ

梅ジュースを作る方の多くが一度は経験する失敗の原因についてお伝えしました。ぜひ、参考にしてみて、美味しい梅ジュース(梅シロップ)作りを楽しんで下さいね。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 中津敦子 より:

    1年前に作った梅ジュースですがカビが出たので直後の手当のせずにそのまま放置していました。今では琥珀色の透明なジュースになっています。舐めてみたら味はいつもの梅ジュースでした。飲んでも大丈夫でしょうか?

    • niko より:

      ご覧になって頂きありがとうございます。
      お返事が遅くなってしまい、大変失礼いたしました。
      申し訳ありません。

      ご質問頂いた、「1年前、作った時にカビがあった梅ジュースを飲んでも大丈夫か?」についてのお答えですが、

      いくつかの判断材料にりそうな情報を提示させて頂きますので、よろしければ参考にしてみて下さい。

      【梅ジュースが腐るとどうなるか】

      ・カビが生えている
      ・変色している
      ・シロップが濁っているなど
      ・異臭がする
      ・アルコール臭がする
      ・カビ臭い

      *作っている段階での泡や濁りは熱を加えることで解消できますが、完成したものに、濁りや変色、異臭がある場合は注意が必要です。

      【保存期間の目安】 (適切な加熱殺菌などをした場合の目安)

      ・常温保存 完全に密封されている状態で1年以上だが、通常は半年ぐらいが目安
      ・冷蔵保存 完全に密封されている状態で1年ぐらい、開封したものは半月~1か月程度
      ・冷凍保存 梅ジュースなら1~2年、生の青梅なら1か月を目安に。

      【カビについて】
      ・カビが白くて香りもいいなら、梅の酵母菌ですので心配ありません。エキスに熱処理をすれば問題はない。
      ・青カビ、赤カビの場合はアウトです。

      今回の中津様の場合は、今、カビが出ておらず香りも異常はないとのことですので、おそらく梅の酵母菌だったのではないかと思いますが、カビ毒については素人判断は危険な場合があります。

      大変申し訳ありませんが、私は専門家ではありませんので、ご質問の内容のみで断定することは非常に難しく、
      また、中津様のご質問に対して「大丈夫ですよ」や「すぐ捨てましょう」などと言える立場でもありません。

      最終的には、「自己責任で「飲む」又は「飲まない」を判断して下さいね。」というような、冷たい言い方になってしまうことをどうぞお許し下さいませ。

      *もし、飲まれるのなら、一気にたくさん飲まず、少量ずつ試して下さいね。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑