PL花火へのアクセス電車の混雑状況!帰りは○○駅を使え!

公開日:  最終更新日:2016/05/25

今年も日本最大級の花火大会、PL花火の季節が近づいてまいりました。PLの花火会場への電車でのアクセスと混雑状況、花火終了後の帰りの電車についてまとめました。

【スポンサードリンク】

PL花火へのアクセスは電車で!

花火大会当日はとにかく人・人・人で埋め尽くされます。毎年のことで恒例ではありますが、初めてPLの花火大会を見に行くという方は想像を超える混雑に戸惑うことも多いでしょう。PL花火大会会場近くで花火を見る場合は、現地へのアクセスに車か電車か迷っているのなら、もちろん混雑はしますが電車をおすすめします。

花火大会当日の周辺道路は交通規制が敷かれますし、とんでもない渋滞が起こります。 花火の打ち上げ会場から離れた穴場スポットなどからPL花火を見るという場合は別ですが、花火を近くで見たい方は電車が無難です。交通規制や渋滞を覚悟の上で、どうしても車で行くという場合でも、大会会場の最寄り駅から何駅か離れた別の駅周辺の1日最大○○円と駐車料金の打ち止めがある駐車場に車を停めて、会場の最寄駅へは電車を使う“PARK&RAID”をおすすめします。

PL花火大会会場は光丘カントリークラブ

PL花火大会への電車でのアクセスは、「近鉄長野線 富田林駅(とんだばやしえき)」が最寄駅になります。

WS000001

大阪方面から行く場合は、近鉄 南大阪線の「阿部野橋駅(あべのばしえき)」から乗車し「古市駅(ふるいちえき)」で、近鉄 長野線に乗り換えて2つ目の駅が「富田林駅」です。(河内長野行きに乗れば、直通で行けます。)

WS000002

WS000003

近鉄 南大阪線 & 長野線 路線図
阿部野橋駅 時刻表
富田林駅 時刻表

PL花火で電車の混雑状況は?

PL花火大会のある8月1日は、異常な混雑になります。当日の駅周辺はかなり早い時間から混雑が始まります。大会当日は道路だけでなく、関係駅並びに大阪周辺の駅は、夕方になるとすごい人でごった返しになります。下手をすると、なかなか電車に乗れないということも起こり得ますので、当日は早め早めを心がけ、出来ればお昼には現地に到着しているぐらいが無難でしょう。

「そんなに早く到着してもどうやって夜まで時間をつぶそうか?」とか、「おトイレの心配」もあるかもしれませんが、PL花火大会当日は、最寄駅の富田林から会場へ行く道沿いに、たくさん屋台が出店しています。また、ダイエーやコンビニなどもあります。

問題は、「帰り」です。行きは混雑すると言っても、会場に集まる時間は人それぞれ違うので、混雑に合わないように調整することも可能ですが、帰りに関しては、そこに集まった群衆が一斉に同じ駅に向かって移動し流れ込みますので歩くのが困難なほどです。駅では改札制限が実施され、ホームに入るまでにも相当な時間がかかります。そしてその影響は、どんどん後ろへずれ込み混雑が延々と続きます。通常なら、花火大会会場から最寄りの富田林駅までは徒歩でせいぜい15分~20分ぐらいの道のりですが、花火大会終了後は、なかなか前進しないので2時間ぐらいはかかると思って覚悟をしていた方がいいでしょう。

遠くから行かれるという方は、「終電に間に合わなかった」なんてこともありますので注意が必要です。終電の時間などを事前にしっかり調べて余裕をもった予定を組みましょう。 また、なんとか大阪市内までは出られたけど、乗り換えの終電を逃して家まで帰れないという万が一の場合に備えて、帰れない場合に始発まで時間を潰せる場所や安く泊まれるような場所をネットなどで検索しておくと安心です。

PL花火終了後 電車なら帰りは○○駅からがおすすめ!

そこで、「最寄駅の「富田林駅」の一つ前の駅(喜志駅)や後ろの駅(富田林西口)へ行ったらいいのでは…」と思ったあなた!

【スポンサードリンク】

残念~!考える事はみんな同じなんです。当然、この2つの駅も混雑します。
「富田林西口」は、富田林駅から徒歩で約5分ですし一見良さそうに思うのですが、単線ホームであるため、阿部野橋へ向う人も河内長野へ向う人も同じホームに集まります。近鉄 富田林駅は、上下線で別々のホームに分かれているにも関わらずひどい混雑であるということを考えると、富田林駅以上の混雑かもしれません。また、臨時列車の始発が「富田林駅」なので「富田林西口駅」からは定期列車しか乗れないのも痛いところです。

ちなみに、富田林西口のもう一つ後の駅「川西駅」も単線です。駅には、『花火観覧禁止』の看板がかかっているようですが、高架駅なのでホームから花火を見て終了後にすぐ電車に乗るという方もいるようです。

WS000001 (3)

では、富田林駅より一つ大阪寄りの「喜志駅」についてはどうかというと、まず富田林駅から貴志駅までは少し距離があります。歩くと40分程はかかります。それより問題は、「富田林駅」でギュウギュウ詰めのおすし詰め状態で乗客が既に乗っているので「乗れない!」という可能性が非常に高いことです。

ここでとっておきの裏技!「PL花火終了後に電車なら帰りは○○駅からがおすすめ!」の○○駅をご紹介します。

その○○駅とはズバリ 「南海電車 大阪狭山市駅(おおさかさやましえき)」です。

WS000003

しかし、花火終了の前後から駅は混雑が始まります。「南海電車 大阪狭山市駅(おおさかさやましえき)」は、「金剛駅(こんごうえき)」に比べれば混雑も少なめで、よっぽどのことがない限り入場制限が敷かれることないでしょう。しかし、問題は、手前の「金剛駅」で満員になっている電車に乗り込むことができない可能性が高いことです。

南海電車 高野線 路線図

 

そこで、この駅を使う場合のちょっとした裏技をご提案します。

<2ステップ>
ステップ1:大阪狭山市から、「なんば方面」と反対の下り電車で「金剛駅」へ!
ステップ2:金剛駅発の「なんば行き「特急」に乗車(特急券が必要です。)」

「特急」は全車両座席指定で、乗車するには通常の乗車券にプラスして「大人510円 、子供260円(2016現在)」の「特急券」が必要です。時間など事前に調べて特急券を買っておくのもありだと思います。PL花火大会当日は特別な日ですので、事前に乗車する電車会社に詳しい情報を確認しておくと安心です。

南海電車 特急券について 

個人的な意見ですが、特急電車に乗る裏ワザを使わない場合でも、南海電車を使うことはとても有効だと思います。利用する駅は、南海「金剛(こんごう)」か「大阪狭山市(おおさかさやまし)」駅です。

WS000002

南海電車 金剛駅 時刻表

それぞれのPL花火大会会場(光丘カントリークラブ)から歩くと、「大阪狭山市駅」が20~30分ぐらい、金剛駅がだいたい40~50分ほどかかります。もちろん、両駅とも混雑しないわけではありませんが、近鉄富田林駅比べればかなりマシでしょう。ちょっと遠いけど、歩いて南海電車の方に向かった方が近鉄電車を使うより混雑回避になると予想されます。ただ、南海電車は、近鉄電車のような臨時列車の増発が無い場合や、あるとしても少ない可能性がありますので注意して下さいね。
ちなみに
こんな動画を見つけました!2013年PL花火芸術終了後の金剛駅の様子です。こう見ると「金剛駅」結構行けそうですね。数年前のものなのであくまでも参考までに!

2013年PL花火芸術終了後の金剛駅

出典:  NNNANNJNNFNN

まとめ

ちなみに、近鉄電車で、時間と運賃がかかっても良いという場合は、近鉄 富田林駅から大阪方面と反対の下り電車で、長野線の終点の「河内長野駅(かわちながのえき)」まで行ってから折り返すという方法もあります。その場合は、富田林駅~河内長野駅までの乗車券と河内長野~大阪市内までの乗車券が必要になります。利点は、始発駅になるので確実に乗車でき、座れる可能性まであるかも…(実際に実行したことがないので分かりませんが…)、ただ、余計なお金と時間はかかります。

もう一つは、上記と同様、近鉄 富田林駅から大阪方面と反対の下り電車で「河内長野駅(かわちながのえき)」まで行って、「南海電車」へ乗り換えて大阪市内へ出るということも可能です。なんば方面に出たい方はありかもしれません。

さて、色々な方法をご紹介しましたが、正直どれも机上の空論的なところはあります。毎年行われているイベントなので大きく変わる事はないとは思いますが、確実に保証できるものではありませんので、ひとつの選択肢、情報としてご参考にして頂けると幸いです。

混雑は本当にうんざりしますが、PL花火大会はそれを十分打ち消すほどの日本最大級の花火大会です。夜空に舞う圧巻の光の芸術を楽しんで来て下さいね。8月1日のお天気が花火日和でありますように…

関連記事

大阪PL花火大会の日程と時間は?何発?打ち上げ場所は?

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑