暑中見舞い残暑見舞いはいつ出すのが正しい?違いやマナーは?

公開日:  最終更新日:2016/07/08

暑中見舞い残暑見舞いの違いやマナー、ハガキを出す時期などについてご紹介します。

【スポンサードリンク】

暑中見舞いか残暑見舞いか いつ出すのが正しい?

知恵袋などを見ていると、この時期は、「暑中見舞いを出すのか?」それとも、「残暑見舞い?」「どっちを出すのが正しいの?」「いつから、いつまでに出せばいいの?」などなど…暑中見舞いか残暑見舞いハガキの出し方について迷われている方は結構多いようです。

「暑中見舞い」や「残暑見舞い」は、夏の暑さや残暑が厳しい時期に、遠方に住んでいるなどで、日頃はなかなかお目にかかれない両親や親戚、恩師、知人、友人、お客様などのお世話になっている方へ、暑い季節に相手の安否を気遣う気持ちや自分の近況報告を添えて送る季節の挨拶状です。また、結婚・出産・転居の報告やお中元のお礼を兼ねる場合もあります。

暑中見舞いは、いつから、いつまで?

暑中見舞いを出す期間は、諸説あり、「梅雨明けから立秋前日まで」や二十四節気の「小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前まで」、「夏の土用の時期(立秋の前の約18日間、7月20日頃)」などと地域や考え方により少々異なりますが、基本的には、暑中見舞いは「立秋まで」、「立秋を過ぎたら」残暑見舞いになります。

暑中見舞いを出す時期は、大きくは下の3つに絞られます。

①梅雨明け~立秋の前日
②小暑(7月7日頃)~立秋(8月7日頃)の前日
③夏の土用(立秋の直前約18日間)~立秋(8月7日頃)の前日

*ちなみに、土用(どよう)とは、五行に由来する暦の雑節で、1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつのことです。2016年の場合なら、夏の土用は、2016年7月19日~8月6日になります。

残暑見舞いは、いつから、いつまで?

そして、「残暑見舞いを出す期間」が、いつから、いつまでかと言うと、二十四節気でいえば「立秋」から「白露」までです。しかし、一般的には、残暑見舞いは8月末までだと言われています。
残暑見舞いを出す目安は、「立秋」~8月31日までです。 
この期間に出せば間違いはないでしょう。

WS000001 (3)

________________________________________
小暑 (しょうしょ) 7/7頃
梅雨明けが近く、本格的な暑さが始まる頃。集中豪雨のシーズン。
蓮の花が咲き、蝉の合唱が始まる頃。
________________________________________
大暑 (たいしょ) 7/23頃
最も暑い頃という意味。しかし実際には暑さのピークはもう少し後。
夏の土用の時期。
________________________________________
立秋 (りっしゅう) 8/8頃
この日から立冬の前日までが秋。一年で最も暑い時期。
暑さのピークが過ぎれば、涼しくなっていくので暑中見舞いはこの日の前日までで、この日以降は残暑見舞い。
________________________________________
処暑 (しょしょ) 8/23頃
処暑は暑さが止むと言う意味。台風のシーズン。
萩の花が咲き、朝夕は心地よい涼風が吹く頃。
________________________________________
白露 (はくろ) 9/8頃
秋の気配が感じられる頃。
朝夕は、少し肌寒さを感じ始める時期。
________________________________________

【スポンサードリンク】

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは、大前提として出す時期が違います。暑中見舞いは、暑さが厳しい時期、残暑見舞いは、まだまだ残暑は厳しいが少しずつ秋に向かっていく時期にだします。したがって、ハガキを書くタイミングによって、文頭を、「暑中お見舞い申し上げます」にするのか、「残暑お見舞申し上げます」を選びます。絶対これ!という決まりではありませんが、それに続く時候の挨拶も合うものに替えていきます。例文などはネットでもたくさん出ていますので参考にするといいでしょう。また、文末の日付についても違います。暑中見舞いの場合は、「〇〇年 盛夏」と書き、残暑見舞いの場合は「〇〇年 晩夏」または、「立秋」、「葉月」などを使います。

暑中見舞いや残暑見舞いのマナーは?

いざ、暑中見舞いや残暑見舞いを書く前に、「こんな時はどうする?」という気になるマナーやポイントについてもいくつか触れておきましょう。

暑中見舞いや残暑見舞いのハガキは普通のハガキを使ってもいい?

暑中見舞いや残暑見舞いに良く使われているハガキは、くじ付きの「かもめーる」ですが、普通の官製はがきや市販のハガキでも構いません。ちなみに、直接切手をはれるものであれば、「うちわ」のようなものでも送ることがでます。しかし、その際は、定形外郵便になります。52円ではありませんので注意して下さいね。ちなみに、分かりきったことですが、暑中見舞いや残暑見舞いに「年賀ハガキ」や「喪中ハガキ」の残りを使うなんていうのはマナー違反ですよ。

自分が喪中の時、又は、喪中の人に暑中見舞いや残暑見舞いを出してもいい?

夏に出す「暑中見舞い」や「残暑見舞い」、又は、冬に出す「寒中見舞い」は、季節のお見舞いです。新年を喜び祝う「年賀状」とは意味が違うものなので、一般的には、喪中であっても「暑中見舞い」、「残暑見舞い」や「寒中見舞い」は出しても差し支えないと考えられています。ハガキに使うイラストや文章に配慮すれば問題ないでしょう。

暑中見舞いや残暑見舞いを毎日会う会社の同僚や上司などにも出す必要があるの?

暑中見舞いや残暑見舞いは、基本的には、普段あまり会えない方やご無沙汰している方への安否確認や近況報告を兼ねた季節のご挨拶です。学生の場合は、長い夏休みがありますので、先生と児童や生徒間で送り合うことはよくありますが、社会人の場合は、毎日顔を合わせるような会社の同僚や上司へ出す必要があるかといえば、もちろん人それぞれですが、一般的には、「必要ない」という意見の方が多いように思います。「年賀状」で十分でしょう。

暑中見舞いや残暑見舞いのハガキをもらったらどう返す?

暑中見舞いや残暑見舞いのハガキをもらった時期によっては返事をどう返していいのか?と悩む方もいるでしょう。早い時期に暑中見舞いが届いた場合なら、返信のタイミングにより、「暑中見舞い」で返すか、「残暑見舞い」で返すかを判断すればいいのですが、8月末ギリギリで遅めの時期に「残暑見舞い」が届いたというような場合、自分が返信する時は8月を過ぎて9月になってしまうという時もあるでしょう。

そんな時は、「残暑見舞い」という形にとらわれる必要はありません。「暑中見舞い」や「残暑見舞い」という言葉を使わないで、その時期に合った「季節のご挨拶」「時候の挨拶」を使いながら、ハガキを送ってくれたことへのお礼を書くのがおススメです。ちなみに、「暑中見舞い」と「残暑見舞い」を両方出す必要はありません。どちらか一方で十分です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?暑中見舞い残暑見舞いの違いやマナー、ハガキを出すタイミングなどについてご紹介しました。参考になれば、幸いです。

梅雨明けの日や暑さ加減は、地域によって、また、その年その年で違います。送る相手が住んでいる土地の気候なども考慮しながら、その時にピッタリの表現をすれば、より気持ちは伝わるのではないでしょうか。

何でもメールで済ませてしまう時代だからこそ、ひと手間かけて「相手を思いながら心を込めたハガキを手書きで丁寧に書くこと!」「その心のこもったハガキをもらうこと!」という思いやりのキャッチボールは、便利だけど殺伐とした世の中に潤いを与えてくれるとても素敵な日本の風習だなと改めて感じます。

今年は、お世話になった恩師や、田舎のおじいちゃん、おばあちゃん…
大切な誰かに暑中見舞い残暑見舞いのハガキを書いてみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑