糖質制限ダイエット痩せる仕組みと問題点!成功と失敗の原因は?

公開日: 

今話題の糖質制限ダイエットとは、いったいどんなダイエットなのでしょう?
糖質制限ダイエットで、痩せる仕組みや成功する人と失敗する人の違いなどを簡単にご紹介します。

糖質制限ダイエットの痩せる仕組みは?

糖質制限ダイエットとは、簡単に言えば、ポイントはたったの2つです。

1. 糖質を減らす
2. たんぱく質や脂質を増やす

たったこれだけのなかに、痩せる仕組みが隠されています。

糖質制限ダイエットで痩せる仕組みを簡単に説明すると、
本来、細胞内では、「糖」のみがエネルギー源でしたが、ミトコンドリアが入ったことにより、糖がない状況下では、「脂肪」をエネルギー源にするようなりました。そのため糖質を減らすと、脂肪が栄養源になるので、「脂肪が減る」という仕組みです。

糖質制限ダイエットの問題点は?

「O.K. じゃあ糖質を減らせば痩せるのね!」、「早速今日からはご飯抜きだ!」と安易に糖質制限ダイエットに挑戦しようとするのは早計です。

糖質制限ダイエットは、人間の体の痩せる仕組みを上手く利用したとても簡単でシンプルなダイエット方法であると同時に、間違った方法での糖質制限は、痩せないだけでなく逆に太ってしまったり、痩せてもガリガリで不健康な痩せ方をしてしまったり、心身に様々な不調や悪影響を引き起こしてしまうという問題点もありますので注意が必要です。

全くご飯を食べないというような極端な「糖質ゼロ」や「糖質カット」を行うなどの間違った方法での糖質制限により、ダイエットの失敗のみでなく、体力や筋力の低下、めまい、難聴、気力低下など様々な心身の不調や問題を引き起こす可能性があります。

1944年に、ミネソタ大学の生理学者アンソニー・キース博士が、糖質制限についてある実験をしました。その実験とは、「兵士がどのような栄養状態で戦えるか?」という実験です。

実験の内容は、

・1日2食 × 6ヶ月間
・しっかりと運動をする
・変化を記録する

 

6か月後の兵士は、どうなったか?結果はと言うと・・・
「筋肉ムキムキの引き締まったかっこいい身体になっていた!」
のではなく・・・驚くことに

【スポンサードリンク】

全員、ガリガリにやせてしまっていました。おまけに、心臓が小さくなってしまってもいたというのが衝撃の事実です。
WS000001 (2)

糖質制限ダイエットは、手軽に簡単に出来るダイエット方法ですが、成功して、短期間でスッキリきれいに痩せたという女性、男性がいる一方、痩せないばかりでなく、逆に太ったり、酷い体調不良を引き起こしてしまったりする方もいるのも事実です。

では、なぜ糖質制限ダイエットで成功する人と失敗する人がいるのでしょう?違いは何なのでしょう?

糖質制限ダイエット成功と失敗の原因、分かれ目は?

糖質制限をすると、確かに体重や血糖値は落ちます。しかし、不適切な糖質制限下では、血液検査でもはっきり分かるほどの筋力の低下や心臓や脳細胞の委縮、ふらつきなど、様々な障害を引き起こしてしまう問題点があることも理解しておく必要があります。

糖質制限ダイエットの成功と失敗の分かれ目は、それらの原因を知り、事実を理解した上で、正しい糖質制限をすることです。

では、正しい糖質制限とはどの程度なのでしょうか?
日本人の1日の平均摂取カロリーは、およそ2000カロリーです。
そして、その簡単な内訳は、

WS000001

先程の、ミネソタ州の実験に出てきた兵士たちは、60%の糖質(炭水化物)の内、45%を減らしていました。そのことから考えても、「早く痩せたいから!」とできるだけ多く糖質を制限すればいいのでは…と、極端に糖質をカットしたり、ゼロにしたりするような間違ったやり方をすると、健康的なダイエットとは程遠く、ダイエットは失敗に終わるばかりでなく、体の不調が出るということは容易に想像できます。

糖質制限ダイエットの成功の秘訣は、「緩やかに「ゆる~く」糖質を控えましょう!」です。

ご飯で言えば、1回の量は、1膳の1/3程度~半分程度控えるのを目安に様子を見ながら行うのが安全でしょう。

そして、もう一つ大事なポイントである、始めにお伝えした糖質制限ダイエットの2つ目のポイント「たんぱく質や脂質を増やす」を思い出してください。

1. 糖質を減らす
2. たんぱく質や脂質を増やす

 

この、「たんぱく質や脂質を増やす!」ということが成功と失敗の分かれ道になる大切なポイントです。

そして、糖質をOFFした分は、たんぱく質や脂質で補わなければいけません。そうしないと、自分の筋肉を削ってしまうので、筋力が低下し、前出の兵士のようにガリガリにやせてしまうのです。

ここは、とても大切なことなので強調します。たんぱく質や脂質は、「増やさなければいけない!」ことをお忘れなく!

そして、糖質制限をした場合は、たんぱく質や脂質を増やして、満腹感を得るまで食べるのがポイントです。

「満腹になるまで食べたら太るのでは・・・?!」と不安になりますよね。でも大丈夫です。

たんぱく質、脂質は、「満腹感を感じやすい」という性質があります。そのため、満腹になるまで食べても太りません。ちなみに、糖質は、「食後に空腹感を感じやすい」という性質があります。だから、すぐお腹がすいちゃうのですね。納得です!

まとめ

昨今の糖質制限ダイエットの流行を受けて、書店に行けば、糖質制限ダイエット関連の書籍や雑誌での特集記事を簡単に山ほど見つけることが出来ます。

しかし、そんなにたくさんの本が出ていても、糖質制限ダイエットの基本定義はとてもシンプルで、たったの2つ!

 ① 糖質を減らすこと。
② たんぱく質や脂質を増やすこと。

ただ、シンプルなだけに注意点もしっかり把握しないと、「痩せない!」「太った!」「体調不良を引き起こした!」と失敗の原因になる可能性があります。「適切な糖質制限」と「不足分を脂質たんぱく質でしっかり補う」ということを守ることが重要です。

バランスのよい食事、適度な運動を心がけ、健康的にきれいに痩せる「糖質制限ダイエット」を目指してチャレンジしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑