サマンサタバサ プチチョイス福袋口コミは?財布を売りたい!買取りなら…

公開日:  最終更新日:2016/10/18

毎年「鬱袋」だと話題になるサマンサタバサ福袋の口コミとひどい福袋をひいてしまった時の救済処置を考えてみましたのでご紹介します。

【スポンサードリンク】

サマンサタバサ プチチョイス 福袋の口コミは?

サマンサタバサの福袋は、毎年ネットの予約販売はすぐに売り切れてしまいますし、店頭販売でも早くから並んで購入する人がいる程人気があります。

そんな大人気のサマンサの福袋ですが、毎年ネタバレなどの口コミ情報では、「当たりだった!」という口コミより、「鬱袋」「ひどすぎる!」「もう二度と買わない!」などの酷評が多く目立ちます。

実際にサマンサタバサ プチチョイスの福袋の中に入っていた財布やバッグを少し覗き見してみると、「鬱袋」と言われていた中身を集めてみるとこんな感じです。

samansautu

ひどいものは、今どきの小学生でも持たないのではないかと思うようなデザイン。特にLINEなどのコラボデザインの酷さが際立っています。

なぜ、サマンサタバサ プチチョイス 福袋の口コミは毎年変わることなく「鬱袋」を突き通すのだろう?と不思議になりますよね。

ここまで毎年毎年「鬱袋」なんて汚名を着せられたら、サマンサタバサのブランドイメージに傷がつき企業イメージも悪くなりそうなので改善しても良さそうなものなのですが…

やはりそこには、企業側の大人の事情がありそうです。

サマンサタバサ プチチョイスの福袋の中身には、数年前のセールでも売れなかった売れ残りだけでなく、B級品、商品開発の試作品、サンプル品などが詰め込まれている可能性があります。人気ブランドである強みを生かし、ここぞとばかりに在庫一掃を図っているようです。

福袋は元々「在庫一掃」のための販売戦略の一環として作られたもの。そのルーツを考えると、サマンサタバサの福袋の中身が、毎年「鬱袋」とののしられても一向に改善しないのは至極当然なことなのかもしれませんね。

サマンサタバサの残念な財布を売りたい!

そうだと分かっていても、福袋には、「その年の運勢を占う」ような、ある意味「おみくじ」を引くように、「なにがでるかな?」という楽しみがあるのでつい買ってしまう!という方も案外多いものです。

「だめかもな~」と何となく分かっていながらも、「でも自分は当たりが来るかも!」とワクワク期待しているところがあります。

【スポンサードリンク】

ただ、「やっぱり鬱袋だったか~」と、実際に気に入らない財布たちが自分の目の前に並べられている状況を目の当たりにするとやはり損をした気分になってしまうものです。

サマンサタバサの鬱袋に入っていた残念な財布やキーケース、バッグたちが「どう考えても、使い道無いな!」「タンスの肥やしだな!」という方なら、売れるものなら売りたい!「売って少しでも取り戻したい!」そう考える人もいるでしょう。

サマンサタバサの買取りなら…

しかし、色々な口コミを見ていると、ブランド買い取り業者で「サマンサタバサの買い取りはしていない」というところも多いようで、購入してもらえてもタダ同然のような値段だという声も見受けられました。

中には、ヤフオクなどのオークションやメルカリなどのフリマの方がましという意見もありましたが、なかなか売れないことも多く、高値で売ることは難しい上、取引上のトラブルなど心配なこともあるようです。

そこで更に色々調べてみると、ブランド買い取り業者でも、「サマンサタバサの商品買い取りを強化している」レディースブランド専門買い取りショップを見つけました。


brand

ws000002
買取成約率94.4% 納得の高価買取 ブランドゥール

まとめ

サマンサタバサ プチチョイス 福袋の口コミとサマンサ福袋中身事情について、それから、せっかく買ったけど、福袋の中身が確実に「タンスの肥やし」になりそうな方の救済措置として売りたい場合は「ブランドゥール」のような、「サマンサタバサの商品買い取りを強化している買い取り業者を利用するのも一つの手だよ。ということをご紹介しました。

一度も日の目を見ることなく、自宅保管で黄ばんませてしまうには高すぎる買い物。送料、手数料など全て無料で、送るだけならそんなに手間がかかることではないから、ダメ元で一度査定してもらったら、もしかしたらいい結果がでるかもしれませんよ。予想外にいい値段がついたらラッキー!

買取成約率94.4% 納得の高価買取 ブランドゥール

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑