WordPress 500エラーとは?原因と簡単で即効く対処方法○○とは?

公開日: 

つい先日、ワードプレスで作ったWebサイトに「HTTP 500 内部サーバーエラー」が表示されサイトにアクセスできなくなりました。

困ったことには、wordpress のダッシュボードのログイン画面すら表示されなくなり管理画面にもアクセスできない状態に!

しかし、ある方法で「超簡単」、「即効解決」しました。
その時に行った速攻で効果のあった対処方法をご紹介します。

解決策を一応ググってみたけど・・・

「なんとなくは分かるよ!でも、難しい専門用語やら知識が必要なことが多くてやっぱり『ちんぷんかんぷんだ~!』・・・

そんな方にはピッタリの対処方法かもしれません。

よろしければ参考の一つとしてみて下さい。

WordPress で500 エラーとは?

ワードプレスでサイトの編集やサーバーをいじったことによって、や「500 Internal Server Error」(サーバーエラー500)と表示されサイトが見られなくなってしまうことがあります。

せっかく色々なプラグインでカスタマイズし、苦労して作り込んだサイトが急に一瞬にしてアクセスできなくなると、「今までの苦労が・・・」と正直あせりますよね。

でも「500エラー」のほとんどの場合は心配無用!
サイト自体がなくなってしまったわけではないので、「どこがおかしいのか?」の原因さえ突き止められれば、またサイトにアクセスできるようになります。

ところで、この、「500 Internal Server Error」(サーバーエラー500)とはいったいどんなエラーなのでしょう?

簡単に言えば、
「プログラム自体へアクセスは行えているが、実行ができない(処理が完了しない)場合に発生する内部サーバーエラー」です。 htmlサイトを作る際の「コードやプログラムの入力ミス」、「プラグインの不具合」などが原因で起こるようです。

500 エラーの原因は?

500エラーが出た場合の考えられる主な原因は・・・
① CGIやPHPの同時接続数が多くなりアカウント単位のリソース制限となっている
② プログラムの文法(CGI/PHPのソースコード)に誤りがある
③ htaccessの記述に誤りがある
④ パーミッションに誤りがある
⑤ php.iniの設定内容に誤りがある

 

などが考えられるらしい・・・です。
しかし、よほど詳しい人はさておき、このページを見て頂いているということはきっと、「なんのこっちゃ!!」ですよね。

500 エラーの対処方法は?

今回、私の場合は、導入していたプラグインの不具合によるものでした。不具合の原因になっているプラグインを停止し、削除することで問題は解決できました。

削除の方法は、WordPressの管理画面にログインすることすら出来なかったので、FFFTPなどのFTPソフトからプラグインの削除をしました。

そしてめでたく無事解決!サイトがまた元通り戻って正常にアップすることができました。

ところで、なぜ「問題のあるプラグイン」を特定できたのか?しかも簡単に!

大変お待たせいたしました。ここでやっと本題に入ります。
このページタイトルにある「簡単で即効く対処方法○○とは?」の〇〇のその答えは・・・

ズバリ・・・

自分が使っているサーバーにログインして、「お問い合わせ」にメールで問い合わせること。

「ここまで読んだのに、なんだ!ふざけるな!!!」とお怒りになるのはちょっと待って下さい。

確かに、ネットユーザーの常識である『自分でググれ!』に反しているかもしれません。

しかし、「使用しているサーバーへ、メールでお問い合わせして解決する」というこの方法は、ネットに疎い人間が、散々ググって色々と調べた結果、「やっぱりお手上げ」という状態に陥った後、最終的に辿りついた解決方法なのです。

【スポンサードリンク】

実際、色々ググって数あるサイトの中から「エラーログを見ればエラーを特定できる!」という情報に効果がありそうだということに辿りつき試してみました。

私の場合、エックスサーバーを使用しているので、サーバーパネルにログインして「統計」→「ログファイル」→該当のサイトを選択し、「エラーログ一覧」該当のサイト選択→『ダウンロード』でエラーログを開く。

?????
OH MY GOD~!

どこにエラーがあるかなんて全くチンプンカンプン!
分かったとしても、何をどのように変更すればいいの??
まったくお手上げです。

ここまでにかなりの時間を費やしています。
そして結局、サーバーにメールで問い合わせることに辿りつきました。

使用中のサーバーに問い合わせる時に知っておいた方が良いポイントが2つあります。
1つ目のポイントは「電話ではなく、メールで問い合わせる」ことです。

「電話」はダメです。
ネットに記載されている電話番号に電話してみましたが、電話での対応は、「技術的なサポートはできません」と迷惑そうにあしらわれてしまいました。

しかし、「メールでの問い合わせなら、もしかしたら出来得る限りの助言ができるかもしれません。」とのことでしたのでやってみると・・・
みごとに一発解決!

やっぱりプロはスゴイ!!!

そして、2つ目のポイントは、より早く効果的な答えをもらうためのポイントです。

効果的にメールで問い合わせるときのポイント
お問い合わせフォームに記入する時は、トラブルになったときの状況をできるだけ詳しく的確に伝えることで担当者の方から下記のような問題解決法を素早くもらうことができます。

server-male

逆に、詳細を書かず、「ホームページが表示されない」といった抽象的な質問だけの場合は、余計なメールのやり取りが増え、担当者が情報を調べるのに時間がかかってしまうため、問題解決が遅れてしまいます。

速攻ズバリの解決法を返してもらえるかどうかは、お問い合わせする「メールの内容」にかかっていますよ。

<お問い合わせ例>メールで問い合わせをする際の記入例

•会員ID・・・サーバID・・・
•エラーメッセージ 500 Internal Server Error
•エラー発生時の詳細な時間 ・・・・・・
•ご利用のソフトウェア名・・・・
•トラブルが起こったときに行った詳細な作業内容
「会員ID:pfd00000 サーバID:*****です。今朝から、http://***.com/***/index.cgiが表示されなくなりました。エラー内容は、500 Internal Server Errorです。昨日までは正常に表示されています。IE7,FireFox2両方とも表示できません。・・・」etc 

困ったときには一度参考にしてみて下さい。

まとめ

WordPress 500エラーとは?原因と簡単で即効く対処方法○○についてお伝えしてまいりました。

長々と書きましたが、まとめると、要するに

・分からない時はサッサとご使用サーバーの「お問い合わせ」にメールする。
・お問い合わせ内容は、できるだけ具体的に必要な情報を記入する。

でした。

ネットに疎い方や、色々やってみたけど解決しなかった方は、一度試してみる価値はあると思いますよ。

ちなみに、エックスサーバーの場合だと受付時間は24時間365日対応です。

「メールで問い合わせ」というと時間がかかってちょっと面倒くさいイメージがありますが、早ければその日のうちに返信があるほどしっかりと対応してくれたのでとても満足でしたよ。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑