マイナンバー制度いつから始まる?スケジュールとメリット、デメリット

公開日:  最終更新日:2015/10/06

いよいよ、マイナンバー制度が導入されます。ニュースや新聞で度々取り上げられていますが実はよく分からないという人が多いのが現状です。今日は、そんなよく分からないマイナンバー制度について調べてみました。これから私達の生活に関わる、知っておくべき重要な制度ですので、しっかり一緒に勉強していきましょう。

【スポンサードリンク】

マイナンバー制度はいつから始まる?どんな制度?

マイナンバー制度は、2016年1月から導入されます。マイナンバーとは、簡単に言えば、「住民票を有する全ての国民一人一人に割り当てられる番号」の事です。社会保障や税、災害対策時などに効率的に情報管理を行うために活用されるものとされています。具体的には、年金や雇用保険、医療保険などの給付、確定申告、被災者台帳の作成や支援金の支給などに利用されます。番号は情報システム機構が作っており、個人には12ケタの個人番号が、法人には13ケタの法人番号が通知されます。これがいわゆる「マイナンバー」になります。通知カードはこの個人番号が記載されている大事なものですので、無くさないように大切に保管しましょう。通知カードは、申請すれば、「マイナンバーカード」にアップグレードできます。身分証明書として使えますが、番号を他人に簡単に教えないように注意が必要です。「マイナポータル」という政府の公式サイトにある情報記録開示システムを利用すれば、自分のマイナンバーの記録を確認する事も出来るようになります。

【スポンサードリンク】

マイナンバー制度のスケジュールは?

実際の施行は、2016年1月からですが、その前段階として、2015年10月半ばごろに、「簡易書留で」10月5日までの住所に「通知カード」が世帯主に届きます。しかし、11月に入っても届かないという方もいると見られており、役所への問い合わせが殺到する可能性があります。万が一、不在で受け取れなかった場合は、不在通知が入りますが、「マイナンバーの不在通知」は、目立つような「ピンク色」になっています。間違って捨ててしまわないように注意して下さい。寝たきりや長期入院等の理由で本人が受け取れない場合もあると思います。そんな場合は、代理で受け取る事も出来ます。代理で受け取る際は、写真入り身分証明書1通(免許証など)か、又は、2通の本人確認(保険証、年金手帳、住民票等)が必要となります。通知カードをマイナンバーカードにアップグレードする申請をされた方は、カードは2016年の1月頃から配布されます。

マイナンバー制度のメリットとデメリットとは?

<メリット>
・ 国民の利便性の向上
(バラバラで管理されている情報を一元化する事で手続きが楽になります)
・ 行政の効率化
(管轄間で重複する書類や手続きが防げる為手間や無駄を省く事が出来ます)
・ 公正な社会の実現
(不正受給や脱税を防ぐ事が出来るようになります)
<デメリット>
・ 情報漏えいの危険が伴う。詐欺などの被害が増える可能性がある。
・ セキュリティ強化の為に教育や設備、管理が必要になる為莫大な費用がかかる
・ 個人資産を政府が把握する事への懸念
他にもありますが、以上が代表的なメリットとデメリットです。

まとめ

マイナンバーは、個人情報よりさらに重要であるとされる「特定個人情報」になります。また、法律で定められた範囲以外の使用は禁止されています。しかし、これだけ情報漏えいが騒がれている中、果たして、「100%安全である!」なんて言えるのだろうか?政府は、「一つの番号で色々な手続きを管理できる事になるので利便性が上がる」と主張しているが、はっきりと言って、「本当に国民にメリットはあるのか?!」とも疑っている。政府は、今後の展開で、個人のクレジットカードやキャッシュカード、診察券やポイントカードにもひも付けして、利用用途を拡大していく予定だそうです。正直、不安いっぱいの制度であるというのが本音です。今後も注意しながら動向を見ていく必要がありそうです。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑