甘酒の効能効果は?栄養成分やカロリーは?菌活とは?

公開日:  最終更新日:2018/01/29

甘酒の種類は?

甘酒には種類が2つあります。
1つは、米麹(米コウジ)を発酵してつくったもの.。そしてもう1つは、酒粕(サケカス)に砂糖を加えたものです。
komekouji-sakekasu

麹から作られる甘酒が本来の甘酒と言われていて麹で作る甘酒の甘さは、砂糖を加えない、糖化による自然な甘さです。また、米麹で作る甘酒にはアルコールは殆ど含んでいません。発酵する際にアルコールはわずかに生じますが、1%未満のためソフトドリンク扱いとなります。作る際は一定時間保温する必要があるため温度管理などが必要です。

一方、酒粕で作る甘酒の場合、酒粕には甘味がないので作る際に砂糖を加えます。また原料となる酒粕には約8%程度のアルコール分が含まれています。市販の甘酒で、アルコール分が1%以下のものならさほど気にしなくてもいいですが、家庭で手作りする場合、作り方によってはアルコールを含んでいるため、できたそのままの甘酒では、子どもや未成年者、車の運転がある人は飲めません。もし手作りした酒粕で作る甘酒を飲む場合は、十分にアルコールを飛ばす必要がありますし、自己責任で十分注意を払う必要があります。また妊産婦やアルコールに弱い人も十分に注意が必要です。また、市販のものを買う場合も、裏面記載のアルコール度数を確認しましょう。保温の必要がなくお鍋一つでさほど手間なく簡単に作れます。

【スポンサードリンク】

甘酒の効能/効果は?

甘酒 効能 美肌

甘酒を飲むと美肌に効果があると言われています。なぜか?
その理由は、甘酒に豊富に含まれる「麹酸(コウジサン)」に秘密があります。

甘酒をつくる材料となる酒粕(サケカス)や、麹(コウジ)には麹酸(コウジサン)と呼ばれる美肌成分がたっぷり含まれています。麹酸には、シミの発生原因となるメラミンを抑制する作用があります。だから甘酒を飲むとシミやくすみを防いでくれるというわけです。シミを除去することはできませんが、シミをできにくくする効果を期待できます。また、甘酒にはビタミンB2が多く含まれているので、皮膚を活性化させ肌を保湿し乾燥対策にも期待できます。

甘酒 効果 疲労回復

甘酒には、エネルギー転換に必要なビタミンB群や消化吸収を助る消化酵素などが豊富に含まれているので疲労回復に優れていると言えます。甘酒は別名、「飲む点滴」と言われているように、食事から摂取した栄養を効率よくエネルギーに変換してくれるので、疲れた時や病気の時、夏バテや産後などは身体の回復を手助けしてくれます。

甘酒 効果 便秘解消

甘酒には、お通じを良くするのに必要な、「食物繊維」と「オリゴ糖」も含まれています。麹由来の食物繊維とオリゴ糖が腸内環境を整え、便秘解消に良い効果を促します。「腸美人」と言われるように、腸内環境が整ってくることで、お腹もスッキリし、お肌の調子も良くなります。

machimusume

甘酒の 栄養成分は?

栄養素の宝庫である甘酒は、飲む点滴と言われているのにふさわしく様々な栄養素が豊富に含まれています。

甘酒には豊富な酵素パワーがある!

甘酒に含まれる麹菌には酵素がとても豊富に含まれています。その数は100種類以上と言われています。中でも、麹菌が持つ二大酵素といえばは、デンプンをブドウ糖に分解する「アミラーゼ」とタンパク質をアミノ酸に分解する「プロテアーゼ」。そして、その他にも、植物繊維をオリゴ糖に分解する「 セルラーゼ」や 脂肪を脂肪酸に分解する「リパーゼ」などなど、甘酒には、麹菌が出す豊富な酵素により消化吸収を助ける働きをします。

甘酒には酵素の働きを助ける補酵素も豊富!

甘酒には、疲労回復やストレス緩和に役立つビタミンB1をはじめ、美肌や健康な髪の維持には欠かせないビタミンB6、貧血予防や睡眠にも影響を及ぼすB12など、美容や健康には不可欠なビタミンB群が豊富です。ビタミンB群は、免疫や新陳代謝、アンチエイジング、精神安定などなど私たちに幅広く影響を及ぼしてます。嬉しいことに甘酒に含まれるビタミン群は身体への吸収がとても良いと言われています。

また、糖代謝や脂肪酸代謝に関わるパントテン酸、体内にある脂質の代謝を良くし、肝臓への脂肪蓄積を防ぐ働きをするイノシトール、ヒスタミンを体外に出すことでアレルギーを緩和するビオチン、血液と深い関係がある葉酸なども含まれています。

甘酒には必須アミノ酸9種類全てが含まれている!

甘酒には、細胞を作る上で不可欠な「必須アミノ酸」が含まれています。
必須アミノ酸とは、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」「リジン」ヒスチジン」「メチオニン」「スレオニン」「フェニルアラニン」「リプトファン」の全9種類。必須アミノ酸は不足すると、老化を加速する原因にも…

必須アミノ酸は、人間の体内では作ることができない成分なので、積極的に外から取り入れなければいけません。
嬉しいことに甘酒にはこの必須アミノ酸「全9種類」の全てが含まれています。

まだまだある!甘酒は栄養成分の宝庫!

抗酸化成分として注目すべきエルゴチオネイン、メラニンの生成を抑制し美白効果が期待できる麹酸、食物繊維にオリゴ糖などなど・・・甘酒には枚挙にいとまがないほど私たちの美容や健康維持に欠かせない栄養成分が凝縮し、バランス良く豊富に含まれています。

甘酒のカロリーは?

一般的に甘酒のカロリーは100gでおよそ81kcal程度と言われています。ただし、手作りする場合は、入れる材料や分量の調整でカロリーが変わってしまいます。「米麹の甘酒」と「酒粕の甘酒」とでは、原材料自体のカロリーの違いに加え、使用する量や加える砂糖の量などの違いがあるので一概には言えませんが、一般的に言われているカロリーよりもう少し高めになる可能性があります。

米麹で作る甘酒の甘さは糖化による自然の甘さ。砂糖を加えていないので美容目的なら米麹を発酵してつくった甘酒がオススメです。一方、酒粕の甘酒の場合、原料になる酒粕には甘味がないので砂糖を加えて作ります。ちなみに砂糖は大さじ1杯9g=35Kcal。入れる分量によってはカロリーはより高めになる場合があります。しかし酒粕は米麹よりも原価が安く作れるので多くの市販品には酒粕が加えられています。

甘酒の効果を最大限に生かす 飲む時間は?

美容目的など、せっかく甘酒を飲むなら少しでも効果的に摂取したいでよすね。甘酒はいつ飲むのが良いのか?その答えは、いつでもOK!甘酒は薬ではないので飲みたいときにいつでも飲めるのがいいところ。しっかりエネルギーチャージして1日を乗り切りたい時は朝に!今日はちょっと疲れた疲労回復したいという日は夜にまったり温かい甘酒を飲みながらリラックス!などなど…自分のライフスタイルや体の声に合わせて気負わずに美味しく頂くのが良いでしょう。

甘酒の効能最大限に生かす 飲む量は?

甘酒は、飲む点滴というだけあって、糖化させているのでカロリーや糖質も高め。取り過ぎると摂取過多になりすぎる場合があります。特にダイエット中の方は少し注意が必要かもしれません。いくら体に良い飲み物だとはいえ、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。1日200㎜、コップ1杯程度が妥当でしょう。

【スポンサードリンク】

菌活とは?効果は?スーパードリンク○○で菌活に挑戦!

菌活とは

「菌活」という言葉が注目されて久しい。特にここ最近、メディアに引っ張りだこの美人医師や年齢を重ねても驚異的な美容を保っている美魔女たちが、こぞって「菌活」を取り入れていると口にしているのを見ると、これは取り入れないわけにはいかない。

ところで、菌活とは何かを簡単な言葉でで表すと、以下のような感じ。

「菌活とは」、身体に良い働きをする菌を食事から積極的に取り入れること。自分の腸内にある善玉菌を育て、腸内環境を整えること。

確かに、美容と健康に良さそうだ!

菌活の効果は?

しかし数多ある美容や健康法のなかでも、なぜ、みんなこぞって「菌活」をするのか?
それは「腸」に秘密が隠されているようだ。

腸内環境が悪いと、肌荒れやくすみ、口臭体臭、頭痛、肩こり、食欲不振、イライラ、疲れやすいなどなど、色々なトラブルに悩まされる。逆に、腸内環境が整うと代謝や免疫力が高まり健康で元気な身体や透明感のある美しい肌状態を作る。また腸は精神状態にまで影響を及ぼすとも言われている。

腸内環境は、健やかな美と健康に直結しているといっても決して過言ではない。
菌活をすることで、薬などに頼らず自然に腸内環境を整える効果が期待できるというわけである。
ということで、日頃から「菌活」を心がけて腸内美人を目指したいものだ!

菌活が簡単に出来るスーパードリンク○○って何?

そこで簡単お手軽、しかも「これは続けたいな」と思う菌活食材は何かと探してみることにした。すると、なんと身近に注目すべきスーパードリンクがあったこと再認識。

そのスーパードリンクとは、ズバリ「甘酒」。甘酒に含まれる麹菌(こうじきん)が本当にスゴイ!調べれば調べる程、そのすごいパワーに驚かされるばかりだ。美味しく手軽に菌活できるスゴイ飲み物!これは何としても取り入れたい!

年齢を重ね、本気になって自分のカラダと向き合わなければならないと自覚している今、これを機にスーパードリンク 「甘酒」で菌活しようと思う。

しかし、問題は続けられるか?!実は以前にも、「甘酒はなんか身体に良さそうだ。」と常飲を試みたことがあったが結局続かなかったことがある。200ml入りのワンカップに入った甘酒1本約100円、スーパーで安くなっていても約88円(税抜)を買い続けると結構コストがかさむ。おまけに買い物のたびに甘酒を買うのは重いし面倒くさくなった。そんなこんなでいつの間にか辞めてしまった経緯がある。

しかし、今回はかなり本気である!今度こそ何とか「菌活」を続けたい!しかも、手軽に!
そこでコストを抑えて手軽に甘酒を続けるために、甘酒メーカーを購入する決断をした。

おすすめの人気甘酒メーカーは?

甘酒メーカー購入に向けて、どれを買うのがベストか検討するために調べることにした。すると甘酒を作れる製品は結構たくさんあって、当然のことだが値段、機能、デザインなどピンキリで、いったいどれを選べばいいのかと迷ってしまった。

そこで、選択肢を絞るため、自分の中で「これは絶対に外せない」という機能や条件をピックアップしてみることにした。
絞り込んだ条件をクリアする商品を選べば間違いは少なくきっと後悔はしないだろう。

【私が欲しい機能&条件】

その1 :温度調整幅が、40℃~60℃(できれば65℃ぐらい)あるもの。
その2 :タイマーの設定が細かくできるもの。表示が見やすいもの。
≪理由≫甘酒以外にもヨーグルトなども作る予定だから設定温度や時間を細かく変えたいから。
その3 :牛乳パックがそのまま入るもの
≪理由≫甘酒とは関係ないが、ヨーグルト作りの時に便利だから。
その4 :値段が高過ぎないもの。できれば5000円ぐらいまで。
その5 :置く場所に困らない収納しやすい形。(丸い形は意外に場所を取るから×)
その6 :操作が簡単で、作るのが苦にならないこと。
その7 :口コミが良いこと。

そしてとうとう見つけた!私が欲しい機能と条件を全てクリアしていることに加え、楽天市場ランキングで1位を獲得し、総合評価も5点満点中4.66点と口コミも上々、累計販売台数は20,000台とかなり良く売れているおすすめ度の高い人気の甘酒メーカーを。

しかも、この商品、キャンペーンなどのタイミングが合えば割引サービスが受けられる可能性もある。ラッキーなことに今回調べた時にはナント1000円も安く買えるキャンペーン中だった。予算内どころかおつりがくる!

「即決!買い!これに決めた!」そしてもう迷うことなく購入ボタンを押した!早く来ないか楽しみで仕方がない。

私が見つけた甘酒メーカーはこれ↓

【1,000円クーポン配布】 ヨーグルトメーカー 甘酒 塩麹 甘酒メーカー 牛乳パック 自家製ヨーグルト 発酵食品 乳酸菌 低温調理 発酵メーカー カスピ海ヨーグルト ケフィア菌 発酵器 発酵フードメーカー 塩こうじ 醤油麹 あま酒 米麹 ギフト※レシピ集付き 菌活

 

おすすめの人気甘酒メーカーを早速使ってみた!

「早く米麹の甘酒が作りたい!」そんな思いから、商品が到着したらすぐに甘酒づくりに取り掛かれるように、「米麹1kgが付いている甘酒メーカーセット」を購入しておいた。おかげで、到着したその日に早速、米麹の甘酒を作ることができた。そして、通常ならば長時間の温度管理と保温の調整が必要な米麹で作る甘酒をこれほど簡単に作ることができることに驚いた!

到着と同時にすぐに甘酒が作れる「甘酒メーカーセット」
詳細はこちらをチェック!↓

【1,000円クーポン】 甘酒 塩麹 手作りキット ヨーグルトメーカー 専用米麹1kg 1パックセット 発酵食品 発酵メーカー 甘酒メーカー 発酵メーカー 発酵フードメーカー 簡単 手作り 米麹 米糀 マルキ乾燥こうじ 中生新千本使用 ギフト 新潟 あま酒 国産 乳酸菌 麹菌 菌活

簡単3ステップ!甘酒メーカーで作る甘酒の材料と作り方!

【材料】
米麹、炊き立てご飯(冷や飯でもできる)、水

【作り方】
①材料の「炊き立てのご飯」と「水」の分量を量り専用容器に入れてかき混ぜる。
②その中に米麹を入れてかき混ぜたら容器のふたを閉め甘酒メーカーに入れる。
③甘酒メーカーのコンセントを入れ、温度を「60度」、時間を「10時間」にセットし、スタートボタンを押す。

これで準備完了。後は楽しみにして待つだけ。夜にセットしておけば、朝には美味しい甘酒が完了している。とても便利なポイントの一つであるタイマーがあるので、時間がくれば勝手に電源をOFFしてくれるので安心できる。

おすすめの人気甘酒メーカーを使ってみた!感想は?

さて気になるのはお味!いくら簡単に作れたとしても美味しくないとお話にならない。

タイマーをセットして10時間後、甘酒メーカーから容器を取り出しフタを開けてみる。
見た目は・・・「良さそう!」つぶつぶ感のある一般的な手作り甘酒。
香りは・・・「ん?!」甘いような少し蒸れたような独特の香り。大丈夫かな?ちょっと心配になる。

とりあえず、かき混ぜてコップに少しとって舐めてみる。「お~」いい感じ。濃厚でしっかりと甘い。砂糖を加えていない自然でどことなくほっこりする甘さがクセになる。そのままではちょっと濃かったので少しだけ水を足して温め、ショウガをプラスして飲んでみた。
「上出来!」かなり美味しいではないか!お味に関しても十分満足できる!

初めて甘酒メーカーを使った率直な感想は、作り方が超簡単で操作性や使い勝手もすごく良くてとても気に入った。今回は、基本どおり炊き立てのご飯を使って作ったが、冷やごはんからでもひと手間加えるだけで簡単に作ることができるようなので、いつもいつも炊き立てのご飯を準備しなければならないのかと心配する必要はない。

甘酒の出来上がりの感じに関しては、入れる材料の量を調節すれば変えられるし、飲み方もアレンジしだいでは飽きずに続けられるだろう。ちなみに先日、この甘酒メーカーでヨーグルト作りにも挑戦して成功している。ヨーグルト作りは甘酒作りより更に簡単で、1人用の小さなカップ1つが130円ぐらいする某メーカーの機能性ヨーグルトの増産も簡単に出来てしまうのでとっても経済的で嬉しい。

最近は、甘酒とヨーグルトを交互に作っては夜な夜な一人ほくそえんでいる。甘酒メーカーのおかげで、「菌活」を美味しく楽しく続けられそうだ。こんなに簡単に、そして経済的に使えるならもっと早く甘酒メーカーを買っておけばよかったと思った。

私が見つけた甘酒メーカーの詳細をチェックしてみる。

甘酒・ヨーグルトメーカー本体のみ
詳細は下の画像をクリックすると見られます。

      ↓

届いたその日に甘酒をすぐに作れる
「専用米麹1kg付きセット」
詳細は下の画像をクリックすると見られます。

      ↓

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NEW エントリー

PAGE TOP ↑