ボジョレーヌーボ 2015年の解禁日はいつ?おすすめの飲み方と料理は?

公開日:  最終更新日:2015/12/11

今年もボジョレーヌーボ解禁日が近づいてきましたね。普段ワインはあまり飲まないけど「ボジョレーは気になる!」という方も多く、毎年11月近くなると露出が増え、ニュースでも目にする事が多くなります。気にはなるけど、「まだ一度も飲んだことがない!」と言う方も今年こそはチャレンジしてみませんか?

【スポンサードリンク】

ボジョレーヌーボ 2015年の解禁日はいつ?

ボジョレーヌーボの解禁日は、毎年11月の第3木曜日(午前0時)と決まっています。 2015年の11月の第3木曜日は、11月19日ですので、この日が解禁日になります。 ところで、ボジョレーヌーボとはなんでしょう?実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか。ボジョレーとは、“ボジョレー地区”の事で、フランスの土地でなだらかな丘陵地帯です。ヌーボは、“新しい”という意味です。この地区で、夏の終わりに収穫したブドウを使ってその年初めて作った「新酒」の事を「ボジョレーヌーボ」言います。元々は、収穫に感謝し祝う事と、その年のブドウの出来を確かめるために作られたと言われています。

【スポンサードリンク】

ボジョレーのおすすめの飲み方は?

ボジョレーヌーボの特徴は、なんといっても、口当たりの軽さと、フレッシュで、とてもフルーティーな味わいにあります。 このワインの醍醐味は「新鮮さを味わう」事です。熟成すると味が落ちてしまいますので、購入したらなるべく早めに、開封していなくても2~3か月以内には飲み切りましょう。おすすめの飲みごろは、常温より少し冷やしたぐらい(10℃程度)です。冷やし過ぎると、タンニンにより渋みが出ますので、飲む1時間くらい前に冷蔵庫で冷やすとおいしく頂けます。

ボジョレーに合う料理は?

赤ワインなので、“肉料理”と思われがちですが、肉料理はもちろん、お魚料理やパスタ、鍋にも合います。おつまみだと、カマンベールチーズやクリームチーズなどのあまり癖のないチーズや、生ハム、これからの時期にピッタリの牡蠣(カキ)などとも相性がいいです。

まとめ

日付変更線の関係で、日本は本場のフランスよりも早く解禁される事になります。
日本ではかなり定着したイベントになっていますが、実は、本場フランスでは日本のような盛り上がりはありません。フランス人は普段からよくワインを飲みますので、わざわざこのワインを選ばないようです。逆に、日本人の「初物好き」な気性と、フランス人ほど普段はあまりワインを飲まない人が多いので、「フルーティーな飲みやすさ」がうけているのかもしれませんね。毎年、その年の出来栄えを表すキャッチコピーが発表されます。「10年に1度の当たり年」「50年に1度の出来栄え」など、中には、「ボジョレー至上最悪の不作」なんていうコピーが発表された年もありました。今年はどんな、キャッチコピーがつくのでしょうか?そしてお味は?楽しみです。

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑