クリスマス映画のおすすめdvdはアクションならダイハードと○○

公開日: 

もうすぐクリスマスですが、あなたはどのように過ごしますか?外で楽しく過ごすのもいいですが、「クリスマスは、仕事だよ!」「一人で出かける予定はないよ!」と言う人も多いでしょう。そんな夜は、ちょっとした「おつまみ」と「お酒」を買い込んで、お家でしっぽり過ごすクリスマスもいいものです。「家飲み」に欠かせない映画のdvdについてご紹介します。

クリスマスに映画を見るならおすすめのdvdはアクションもの!

クリスマスと言えば、「ラブアクチュアリー」などのラブストーリーや「クリスマスキャロル」などの感動モノが定番ですが、今年はちょっと嗜好を変えて「アクションもの」はいかがでしょうか?

クリスマス映画でアクションならバッドマン・リターンズが面白い!

クリスマスに見たいアクション映画のおおすすめは、「バッドマン・リターンズ」です。大富豪の家に待望の長男として生まれた赤ん坊は奇形であったため、 両親は赤ん坊を川に捨ててしまします。地下に生息していたペンギンに育てられたその赤ん坊は33年後に復讐の計画を立て「ペンギン男」となって町に現れます。一方、ある秘密計画を知ったと思われた女性がビルから突き落とされてしまうが、野良猫の群れに介抱され奇跡的に一命を取り留めた。しかし、事故によって性格が変わってしまったその女性は「キャットウーマン」として町に出没するようになり物語が展開していきます。数々の事件に絡んだ悲しい運命の2人がクローズアップされた作品です。1992年に公開された鬼才ティム・バートン監督の作品。個性的で独特のバッドマンワールドを作り上げています。ちなみに、バッドマンの最新シリーズは、クリストファー・ノーラン監督3作品(2005年の「バッドマンビギンズ」、2008年の「ダークナイト」、2012年の「ダークナイトライジング」)とそれより前の、ティム・バートン監督4作品(3作品目以降は監督を外れていますので正式には2作品)があります。ティム・バートン作品は、1989年の「バッドマン」、今回紹介した1992年の「バッドマン・リターンズ」、1995年の「バッドマンフォーエバー」「1997年のバッドマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」があります。 今回紹介したのは「バッドマン・リターンズ」でしたが、お時間の許す方は、ぜひシリーズを年代順に制覇してみてもいいかもしれませんよ。

【スポンサードリンク】

クリスマスに見る映画でダイハードは外せない!

「ダイハード」は、1988年から、ブルース・ウィルス主演でシリーズ化されているアクション映画の金字塔です。ストーリーは、ジョン・マクレーンとい冴えない刑事が主人公の悪者に囚われた家族を救うストーリーですが、頼りない主人公のジョン・マクレーン刑事が、徐々に悪者を追い詰めていくのがとても面白い。シリーズは、「ダイハード」「ダイハード2」「ダイハード3」「ダイハード4.0」と2013年に公開された「ダイハード/ラストデイ」5作品がこれまでに公開されています。ちなみに、この「ダイハード」の題名は、「die=死ぬ」と「hard=~しにくい」なので、「死にがたい」≒「しぶとい奴」と訳すという説があります。また、「diehard=しぶとい抵抗者」という名詞の単語があり、そちらだという人もいるようです。映画の内容から推測すると、「しぶとい奴」というのがしっくりくるかもしれませんね。

まとめ

クリスマスに映画を見るならおすすめのDVDと題して、「ダイハード」「バッドマン・リターンズ」のアクション映画をおすすめしました。2作品ともシリーズで長年楽しまれている作品です。見たことがなかったという方はクリスマス~年末年始にかけてシリーズ制覇にチャレンジしてみるのも面白いかもしれませんよ。
Merry Christmas z

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑