格安SIMへの乗り換えでau解約!au系は?UQへ乗り換える!

格安SIM

携帯電話代って高いですよね。

端末代が超高い事や2年縛りの更新月のタイミングなどの理由で、見直ししたいと思いながらついついそのままになっていました。

しかし、やっとNMP(ナンバーポータビリティ―)をしても違約金がかからない更新月が来たので、この際思い切って今話題の格安SIMへの乗り換えをする事を決意しました。

まだまだ未知の領域が多い格安スマホですが、12月に更新月のauガラケー1台をUQモバイルの格安スマホへ、そして、1月更新のドコモスマホ1台をOCNの格安スマホへ乗り換えました。

今回は、auからUQモバイルへのNMPについて振り返ってみます。

【スポンサードリンク】

格安SIMへの乗り換えでau解約!

6年近く契約していたauガラケーが、修理など色々な手を尽くしましたが流石に寿命も近づき、いつ壊れてもおかしくない状態になったので機種変更も考えました。

しかし、今やガラケーの立場はないに等しいようで、機種変更しようにも選べる機種が非常に少なく、そのくせ結構なお値段です。

それに、長く契約しているのにも関わらず、機種変更には何のお得感もないことなどを興梠すると、機種変更して継続するにはちょっと考えさせられる点が多いなと感じます。

長年愛用していたガラケーですがauを解約して格安SIMのスマホへの乗り換えを決意しました。

その際に注意したことがありますので、よかったら参考にしてみて下さい。

MNPでの注意点はタイミング?!

MNPで重要なことは、何と言ってもタイミングです。

これがまずいと思わぬペナルティや余計な出費が増えるので注意が必要です。

MNPするには、現在契約している携帯会社からMNP番号をもらって新しく契約する携帯会社で手続きをしますが、その際には、手続きに必要な日数を考慮する必要があります。

大手キャリア間のMNPの場合や実際にショップなどへ出向く場合は、その日に手続きが完了するので問題ありません。

しかし、格安携帯へのMNPの場合は、ネットを使って自分で手続きを進めていくことが多く、「MNP番号」をもらってから手続きをするまでには、最低何日間かの手続き期間が必要になる場合がありますので少し余裕をもった乗り換えプランを立てる必要があります。

「MNP番号の有効期限」はだいたい2週間ありますが、新しく契約する携帯会社が処理する時間を考慮すると手続き開始は、番号を発行してもらってから2~3日中には取りかからないと間に合わなくなる場合があります。

そして、MNPは新しく契約する携帯会社から送られてきたSIMをさして有効にする手続きを取って初めて契約完了となり、その日をもって以前の携帯会社との契約が切れます。

MNP番号をもらっただけではまだ前の携帯会社との契約のままです!

月末中にMNPの手続きを完了させる必要がある場合は、月をまたぐと更新月を越してしまうことになり、その場合は違約金が発生してしまいますので注意が必要です。

【スポンサードリンク】

格安SIMでau系は?

格安SIMスマホの事は、名前ぐらいしか知らなかったので色々調べました。

今回新調するスマホの使用目的は、「動画を見る!」ことです。

調べていると、多くの携帯会社が提供しているパケット量では「7ギガ制限の壁」など、パケット量の制限問題が存在することが分かりました。

「7ギガ制限の壁」とは、契約した「パケット量の制限」を超えると、通信速度が酷く遅いスピードに落とされてしまい使い物にならい状態に陥ることです。

メールやHPの閲覧ぐらいなら全然問題ないが、動画をバンバン見たいならすぐに「7ギガ制限の壁」を超えてしまうのは明白です。

そのため、今回は「動画を見る!」が必須条件なので「無制限プラン」を探すことにしました。

無制限のプランはあまり多くありませんでしたが、どうも「au系の格安SIMを扱う会社がいいらしい」という結論に至りました。

ちなみに、au系の格安SIMを扱う会社は「mineo」と「UQmoble」 の2社しかありません。

格安SIMへauからUQへ乗り換える!

更に調べてみると、au系の格安SIMを扱う会社の1つであるUQmobleは、無制限プランがあり、速度についてもの好評価の口コミが多かったのでUQmobleへ乗り換えることに決定!

au系の格安SIMは、auの端末しか使えません。

au系の格安SIMを取り扱う会社は2社しかないのでそれが参入障壁になり加入者が少ないからなのか?!

理由はさておき、docomo系の格安SIMでは、朝や夕方などの混雑時には速度が落ちるといわれています。

しかし、UQmobleは、本家のauと変わらないぐらい、場合によってはそれ以上のスピードになることもあるらしく、無制限プランの速度は、もともとあまり早くない設定ではあります。

ただ、それでも、画質を落として高画質で見なければ、読み込む時は少し時間がかかるけれど、一度読み込めば、動画を止まらずに見る事ができるという意見が多かったのが決め手となりました。

3日で3ギガを超えると速度が落ちるという制限もありますが、3日で1ギガや2ギガの制限がある他社のプランに比べれば、3日で3ギガはまだゆるい制限ですし、無制限であるということが最大の魅力です。

一つ難点は、auのスマホを持っていないため、新しくau系の端末を購入する必要があったことです。

万が一このUQmobleが評判ほど良くなかった場合に、au系の端末は2社しか選択肢がないのは非常にリスクが高いという懸念もありまた。

また、ポケットWIFIのWIMAXという選択肢もあったので悩みましたが、ここは思い切ってUQmobleにかけてみる事にし、au系の白ロムをネットで注文しました。

【auからUQモバイルへのMNPの手順】

①auの端末を用意する。(UQモバイルのHPで動作確認された機種を確認できます。)
②auでNMP番号をもらう。
③UQmobleの手続き画面から必要事項を記入する。
(その際、身分確認書類をアップロードする必要があります。)
④これでまだ終わりではありません。あと一息!
数日後、UQmobleから、SIMカードが郵送されてきます。WS000003
⑤UQmobleから、SIMカードが郵送された中に同封されている「SIMカードがお手元に届いたお客様へ」というA4の手順書に沿って、「回線切替」の手順に沿って回線切り替えをします。
⑥auのSIMを抜いて送られてきた新しいSIMをと差し替えます。
SIMを抜くときは、電源を切ってから行ってくださいね。
「APN設定手順」に沿って通信機器にAPNを設定します。
これでauからUQモバイルへのNMPが無事完了しました。
今回の場合、手続きにかかった日数はおよそ1週間でした。

まとめ

ポイントがある場合は、NMPする前に使ってしまうか、auの場合なら、au walletにチャージしておきましょう。NMPしてしまうと今までに貯まったポイントすべては失われます。

まだ、使い始めたばかりですが、今のところは問題なく使えていますよ。

【スポンサードリンク】

コメント

テキストのコピーはできません。