赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要?虫よけ成分は?塗り方は?

赤ちゃん

日光が強くなってくるこれからの季節、肌が弱い赤ちゃんは、日光に当たるとその部分が真っ赤になり軽いやけどのようになってしまうことがあります。

小児科や皮膚科の先生からは「赤ちゃんにも日焼け止めを塗ることをすすめられた」という方がいます。

しかし、その一方で、肌の弱い赤ちゃんへのサンスクリーン剤の害による心配もあるので、「赤ちゃんにはなるべく日焼け止めを使用しない方がよい!」という意見もあります。

いったいどちらが正しいのでしょう?もし、塗るならいつから?塗り方は?赤ちゃんの日焼け止めについて簡単にまとめてみました。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

サンスクリーン剤による害も避けたいけど、軽いやけど状態で痛々しい赤ちゃんを紫外線から守ってあげたいから日焼け止めを使うという方は、「赤ちゃんへの日焼け止めをいつから必要なの?」と気になるところだと思います。

日焼け止めの使用に関して調べてみると、「塗る派」と「塗らない派」で賛否両論で、病院の先生であっても意見は分かれており、正直「赤ちゃんに日焼け止めは使わない方がいいのか悪いのか!」どちらが正しいと言い切れない状況でした。

しかし、

最近の傾向としては、「赤ちゃんにも日焼け止め対策は必要!」という認識の方が強くなってきて対応や考え方にも変化が出てきているようです。

その理由としては、やはり、紫外線による皮膚がんなどのリスクです。

紫外線による代表的なリスクであげられているのは、

・「将来的な皮膚がんのリスク」
・「皮膚の老化や、シミ・シワの増加」
・「白内障や、網膜メラノーマなど眼病リスク」

です。

近年はオゾン層の破壊で紫外線量の増加か進んでいます。そのため紫外線による皮膚への強い悪影響が懸念されており、「小さい頃からの紫外線対策推進」に変わってきました。

ひと昔前は母子手帳で「日光浴」が推奨されていましたが、平成10年ぐらいから「日光浴のすすめ」という記載がなくなり、今は「外気浴」という言葉が使われるようになっています。

また、赤ちゃんのうちから強い日焼けをすると、大人になってからもその影響を受けると言われており、世界保健機構からも紫外線の浴びすぎによる様々な悪影響について注意が呼びかけられています。

赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要?

赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要?

病院で日焼け止めの使用を促される場合に、「3ヶ月~4か月から塗りましょう」と言われたという場合もあれば、「6か月以降に」という場合もあって統一されていません。

しかし、もし、赤ちゃんに日焼け止めを使う場合は、

一般的には「6ヶ月以降に」というところが多いようです。

その理由は、6ヶ月未満の赤ちゃんの肌は非常にデリケートで、アレルギーを起こす可能性があるからです。

赤ちゃんに日焼け止めは何月から必要?

日焼け止めを塗る場合、期間はいつから、いつまでが塗るべきか気になるところだと思います。

夏のような強い日差しがない分なかなか感じにくいですが紫外線は、3月中旬ぐらいからキツくなり始め、およそ9月頃までが特にしっかりケアしておいた方が良い時期ですので、

3月中旬~9月中ぐらいを目安にするといいとでしょう。

SPFの強さは、

1~2時間ぐらいの買い物やお散歩程度ならSPF15程度
半日以上外するならSPF30程度

を目安に、長時間の外出の際は、汗などで流れてしまうのでマメに塗り直しましょう。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの日焼け止めはどこで買う?選ぶ種類は?虫よけ成分は?

赤ちゃんの日焼け止めはどこで買えるのか?

赤ちゃん用の日焼け止めクリームは、ドラッグストアや赤ちゃん本舗などのベビーショップ、ネットなどで購入できます。

赤ちゃんの日焼け止めはどんな種類を選ぶのか?

色々な種類がありますので選ぶのは難しいですが、化粧落としを使わないと落ちないような強力なタイプより、赤ちゃん専用の石鹸やぬるま湯で洗い流せる低刺激の物の方が、繊細な赤ちゃんの肌への負担を少しでも軽減できます。

紫外線カットの観点から言えば弱くなるかもしれませんが、赤ちゃんはたくさん汗をかくのでコマメに塗り直してあげれば、ある程度はカバーできます。

中には、「低刺激」や「赤ちゃん専用」とパッケージに書いてあっても、化粧品は石油系であるものもあり、うっかり選んでしまうと肌トラブルやかぶれなどの原因になる場合がありますので、購入の際は成分などを確認し、しっかりと選ぶことが大切です。

ちなみに、

紫外線は、皮膚がんや白内障などのリスクを高める原因になる可能性が高いと言われており、紫外線が非常にキツイ国であるオーストラリアは、ずいぶん前から子供に対する紫外線対策を徹底している国ですが、そんなオーストラリアでも乳幼児期のサンスクリーン剤の使用に関しては積極的ではないようです。

日本でも、多くの場合は、肌も弱く、汗もたくさんかくし、舐める心配もある上、嫌がってなかなか上手に塗れない月齢の小さな赤ちゃんには、日焼け止めの使用でなく、その他の方法で日焼け止め対策をし、赤ちゃんが外で活発に遊び回る時間が増えていく時期なってから徐々に使い始めるという方が多いようです。

紫外線の害とスクリーン剤の害を天秤にかけて、生活スタイルや、赤ちゃんの体質、肌の状態を考慮して、どちらが赤ちゃんにとって害が少なく有効かを考えて判断する必要がありそうです。

赤ちゃんの日焼け止めで虫よけ成分は?

紫外線が心配な時期は、虫刺されも心配な時期でもあります。市販されている赤ちゃんの日焼け止めクリームの中には虫よけ成分が入っているものも売られていますが、赤ちゃんに虫除け成分の入った日焼け止めクリームを塗ってかぶれてしまうこともあります。

それは、虫よけ成分が入っている分、小さな赤ちゃんには刺激が強いことが原因になりうる可能性が高いからです。

もし、赤ちゃんに虫よけ成分の入っている日焼け止めの使用を考えている場合は、使用前にパッチテストをしてから使うことをおすすめします。

【パッチテストのやり方】

  1. 使用予定の虫よけ成分の入った日焼け止めクリームを赤ちゃんの皮膚の柔らかい部分「腕の内側」などに、1円玉程度の大きさだけ塗って30分程様子をみます。
  2. 2日後に、もう一度①と同じようにして、赤くなったりしないか様子を見ます。
    赤くなったり、ブツブツになったりしていたら使用は中止しましょう。

ちなみに、

赤ちゃん用の虫よけ成分入りの日焼け止めもいいですが、洋服に貼れる「シールの虫除け」も売っています。

普通の「ベビー用の低刺激の日焼け止め」と「服に貼る虫よけ」の二つ使いをしてもいいかもしれませんね。

赤ちゃんへの日焼け止めの塗り方は?

いざ、赤ちゃんに日焼け止めを塗ろうとすると結構嫌がって上手く塗れないことがあります。

また、普段は日焼け止めを塗らないけど、海や山に赤ちゃんを連れて行くと言う場合などは、後々、真っ赤な火傷状態になってしまうと可愛そうなので、嫌がってもどうしても塗っておきたいという場合もあると思います。

赤ちゃんに日焼け止めクリームやローションを塗る場合は、とにかく強くこすらないように注意し、中指と薬指の腹でやさしくなでるように塗ってあげてください。

顔に塗る場合は、耳、鼻も忘れずに塗ります。赤ちゃんはよく汗をかくので、2時間ごとに一度汗をふき取り、こまめに日焼け止め塗り直しをしましょう。手や首などは塗り忘れが多い場所なので注意し忘れず塗って下さいね。

赤ちゃんが日焼け止めを嫌がってなかなか上手に塗れない時の裏ワザは、「赤ちゃんが寝ている時に塗る!」「スキンシップをしているように見せかけて塗る!」可能であればぜひお試しあれ。

それから、硬めのクリームタイプより伸びの良いローションタイプのような塗りやすいタイプの日焼け止めを選ぶことも有効ですよ。

日焼け止めを塗った日は、お風呂の際、石鹸などでやさしく落としてあげてください。赤ちゃんは嫌がるかもしれませんが、顔に日焼け止めを塗った場合も石鹸をつけて洗ってあげましょう。

日焼け止めの種類によっては落とし方も異なるので、使用上の注意を確認して下さい。

赤ちゃんの日焼け止め「サンスクリーン剤」以外の紫外線対策

  1. 屋外へ出かける時間は、午前10時~午後3時頃の紫外線の強い時間帯をなるべく避ける。
  2. 首筋にツバのついた帽子、(無いなら首にはガーゼを当てる)や紫外線を通さない素材やUVカット加工してある上着を着用する。帽子や服は嫌がって脱いでしまわないように肌触りの良い物を選びましょう。
  3. ベビーカーの日差しは大きめにする。(日傘をさす。ベビーカーをバスタオルなどで覆う。なるべく日陰を通る)

まとめ

乳幼児の皮膚の厚さは大人の半分ぐらいしかないそうです。そんなデリケートな赤ちゃんの肌をどうやって守っていくかは保護者の判断にかかっています。

でも心配な場合は、自己判断せずに信頼のおけるかかりつけの小児科や皮膚科など専門の先生に一度相談されることをおすすめします。

参考になれば幸いです。

【スポンサードリンク】

コメント