大阪PL花火大会の日程と時間は?何発?打ち上げ場所は?

PL花火大会

大阪を代表する花火大会は?と聞かれて、「PL花火大会」と答える人は少なくないでしょう。全国的に見ても有名な超大型、PL花火大会とは…

大阪PL花火大会の日程や時間、打ち上げ場所、雨天時について、由来や打ち上げ数などについて簡単にまとめました。

大阪PL花火大会の日程や開始終了の時間帯、雨天の場合は?

【スポンサードリンク】

大阪PL花火大会の日程

毎年、何曜日であっても、8月1日と決まっています。
2016年の8月1日は、月曜日 2019年8月1日は、木曜日ですね。

大阪PL花火大会の雨天の場合

大阪PL花火大会は基本的に「雨天決行」されることが多いです。

荒天の場合は「中止」となっていますが、今までの経緯を見ていると、過去の荒天時にも決行されており、ちょっとぐらいの雨天では中止にはならないことが多いと言えます。

「中止」になるかどうかの判断は、PL教団運営側から、恐らく当日のお昼頃には発表があるでしょう。天候が怪しい場合で心配な方は、当日発表の最新情報に注意しておきましょう。

大阪PL花火大会の開始終了の時間帯

PL花火大会開催時間は、富田林駅前商店街公式サイトによれば、午後7時50分~午後9時となっていますが実際は少し変わります。

(7時55分~8時55分、8時~8時40分(本番開始時間~終了時間)などの情報もあります。

その年によって終了時間などの時間帯は多少ですが若干異なると思っておいたほうが良さそうです。

PL花火大会の打ち上げ場所は?

光丘カントリー倶楽部(PL教団の関係施設)

住所:大阪府富田林市新堂2258-1

*2014年までは、ローンパーク会場(打ち上げ場所近くに有料観覧場所が教団関係者以外でも利用可)が利用できたが、2015年は有料観覧場所が無くなりました。

最寄駅は、
近鉄長野線 富田林駅(とんだばやしえき)です。

【スポンサードリンク】

大阪PL花火大会の由来

夏の風物詩である花火大会は、規模の大小を問わず全国のあちこちで開催されています。

そんな全国でたくさん開催されている花火大会の中でも、大阪のPL花火大会は、少し特別な意味合いがある花火大会なのです。

PLと言えば、高校野球の大阪代表としてPL学園(現在休部中)が有名ですが、

PLとは、(パーフェクトリバティ教団)の略で、大阪PL花火大会の正式名称は、「教祖際PL花火芸術」といいます。

というわけで、PLの花火大会は、実は、宗教団体主催の宗教行事(祭礼)なのです。

初代教祖である御木徳一氏が、「自分が死んでもこの教えが世に広まるのであれば、死ぬことは世界平和のためになるから、死んだら嘆いたりせずに花火を打ち上げて祝ってくれ」という遺志を継いだ、息子(二代教祖)の徳近氏が教祖祭で花火を打ち上げたのが始まりだと言われています。

これを知ると、PLの花火大会の日程が「なぜ毎年8月1日」に固定されていて、ちょっとぐらいの悪天候では中止にならず決行されてきたかの理由がわかりますね。

PL花火は何発?

PLの花火は、全国的に見てもかなりの巨大花火です。

その打ち上げ数は、当初は「12万発」と発表されていたが、2008年より打ち上げ数の数え方が変更になり、純粋に丸玉の総数になったため、打上数 は「2万発」現在は「約1万発」となっています。

信者数の縮小などが影響しているのか、PLの花火が年々ショボくなってきているという声も聞こえますが、それでも、地響きのようなど迫力の破裂音と人々の歓声、夜空のキャンバスに現れる色とりどりの美しい形が惜しげもなく次々に上げられる花火は初めてみる人はビックリするほどです。

打ち上げ場所から近ければ近いほどその迫力は増します!

そして、なんといっても注目は、いくつもの花火を組み合わせて短時間に数十〜百発の大量の玉を連続的に打ち上げる「スターマイン」と呼ばれる「速射連発花火」で、PL花火大会のクライマックスでは、わずか数分の間に約8000発が打ち上がり、夜空が燃え上がってしまうかのような光景は圧巻です。

ropri45 さんという方が、PL花火2015の「スターマイン」の様子を(超高画質 風上より全景)でyoutubeにアップして下さっていますのでぜひご覧下さい。

出典:ropri45 さん

まとめ

大阪PL花火大会当日は、尋常でないほどの混雑をします。交通機関や道路の混雑は、開催地から離れた大阪市内にまで影響が出るほどです。

また、地元では、混雑や交通規制の影響で従業員が帰宅できなくなったり、仕事にならなかったりという理由からこの日は臨時休業とする会社も少なくないというほどです。

PLを花火を見に行こうと思っている方は早め現地に到着するように計画しましょう。

時間が遅くなるにつれて、富田林行きの電車はかなり混雑します。可能であれば、できるだけ早い時間に出来ればお昼ぐらいまでには現地に到着しておく方がよいでしょう。

早く着いても当日は屋台がたくさん出ていますので時間はつぶせるでしょう。

問題は花火大会終了後の帰宅時です。帰りは壮絶な混雑状態になります。

通常15分~20分の駅までの道のりは、人でごった返し、駅での規制もある為なかなか前に進まず、駅まで2時間ほどはかかると覚悟が必要です。当然、花火大会の会場に近いほど帰りが遅くなります。

終電に間に合わなかったなんてこともありますので、遠方へ帰宅する場合はよく調べて計画しておくことが大事です。

楽天のたびノートというこちらの地図は、周辺の宿情報などの情報がまとまっててわかりやすいので、チェックしておくといいですよ。

【楽天たびノート】 教祖祭 PL花火芸術 周辺の宿・地図はこちら

そんなに大変な思いをしてでも、毎年本当にたくさんの人が集まるPLの花火大会は、それだけ見る価値があるということですね。今年はどんな花火が見られるのか楽しみですね。大阪の空いっぱいに咲く、大輪の花火を満喫して下さいね。

【スポンサードリンク】

コメント