お盆玉は迷惑!反対派は怒り心頭?いつから始まった?相場は?必要なものなの?

お盆玉

郵便局に貼られている1枚のポスターに戦慄が走る。そこには、「お盆玉袋」という文字が刻まれていた…

【スポンサードリンク】

お盆玉は迷惑!反対派は怒り心頭?!

お盆玉(おぼんだま)とは、日本郵政が2014年7月に「お盆玉袋」なるものを発売したことではじまったもの。

朝のニュース情報番組の「モーニングバード」や「スッキリ」をはじめ、各種メディアに取り上げられ徐々に認知度が上がっていきました。

そして、その需要を見込んだ企業もその波に乗り遅れないようにと、お盆玉に関わる商品を色々と展開し始めています。

しかし、企業側がお盆玉ブームをつくろうとする一方、お盆玉に反対という否定派の意見も少なくありません。
WS000001 (6)
「無駄な出費が増えるだけ!こんなの新習慣にしないで!」と迷惑をしているというような声も続出しています。その一部ご紹介しましょう。

・お年玉だけで十分。変な習慣作ろうとしないで!

・ポチ袋売っている会社が儲けたいだけ!

・子供にお金を安易に渡すのはどうかと思う。

・お年玉でさえ苦痛なのに止めてくれ!お金ないから!

・自分が独身だから本当に辛いシステム…

・そんなのなくても親戚集まる度にお小遣いもらってるでしょ!

・物があふれている時代だから、欲しい物はキリがない。

・ハロウィンや恵方巻きみたいに何でも流行らせるのはやめてほしい…

・我慢することを教えないといけないのに、大人の儲けの為に新しい習慣を作るなんて…

 

「お盆だま」が一般的になれば一番影響を受けるであろう人物と言えば、「じいじ」と「ばあば」。祖父母にとって孫の成長は嬉しいものです。

しかし、成長と共に出費もかさんでいきます。孫が1人ならまだしも、たくさんいるなら尚更です。年金で細々と暮らしている祖父母にとって、これ以上の出費は死活問題になりかねない!そう感じている方は少なくないようです。

夏の新習慣:お盆玉はいつから始まった?

バレンタインやハロウィンのように、夏の新習慣として何とか「お盆玉」を流行らせようと企てている人がいる「お盆玉」ですがいったいいつから始まったのでしょうか?!

調べてみると、お盆玉の由来は、実は江戸時代までさかのぼります。江戸時代にある地域では、夏に奉公人に小遣いや着物などを渡す習慣があったそうなんです。

「結構古くからある風習なんだ!」とちょっとビックリですね。

お盆玉の名前の由来は、山梨県にある包装用品や紙製品の製造販売をする「マルアイ」という会社が作った商標登録されている造語だそうです。

2010年から夏の風物詩をデザインしたポチ袋を「お盆玉」として販売したのが始まりです。

その後、「人と人をつなぐきっかけになれば」と郵便局でもお盆玉袋を売るようになったそうです。

WS000005

【スポンサードリンク】

お盆玉の相場はいくら?

ところで、お盆玉の相場はいくらぐらいなのでしょうか?

調べてみると、お盆玉を渡すのが、

小学生前後なら1,000円~3,000円、
中学生なら3,000円~5,000円、
高校生ならば5,000~10,000円

程度が相場のようです。お年玉とだいたい同じぐらいの相場ですね。

お盆玉を渡す必要はあるの?

「お盆玉」はある地域で行われていた、夏に奉公人に下駄や着物をあげていた江戸時代の風習から派生したものだとも言われています。

しかし、バレンタインやホワイトデーのイベントのように、元々は企業が自社商品の販売促進のために仕掛けたものです。

お盆玉を渡す必要があるのかの判断は、結局はあげる人の「気持ち」と「懐事情」で決めればいいのではないでしょうか。

お盆玉をもらった時のお返しについては、親せき同士や知人の場合で相手に子供がいる場合は、お年玉に貰った金額を渡すか、もしくは、親戚双方であらかじめ金額を決めているということもあるようです。

ちなみに、お盆玉の使い道については、小学校入学を控えた家庭では、ランドセルの購入の際に、お盆だまを当てる方も多いようです。

もしお盆玉をせっかくあげるなら可愛いお盆玉袋が簡単に手に入るので利用してみるのもいいでしょう。

 

 

まとめ

お盆玉は、その存在すら知らない人もいて、まだまだ浸透はしているとは言い難く今のところは一般化されていません。

しかし、何かのきっかけでメディアなどが大きく取り上げ始めると、あっという間に『お盆玉』の地位は確立されてしまうという危険ははらんでいます。

おじいちゃん、おばあちゃんが孫にちょっとだけ…と喜んであげるなら喜ばしいことなのですが、形式化してしまうと、それはちょっと違う気がする…と感じる方はきっと少なくないでしょう。

そして「どうか普及しませんように…」と願っているのはどうも私だけではないようです。

【スポンサードリンク】

コメント