浴衣のトイレ行き方で男の大小はどうする?着付けで必要なものや着崩れしないコツ!

浴衣

夏になると花火大会や夏祭りなど野外でのイベントが多くなりますよね。そんなイベントに欠かせないのが「ゆかた」。最近は、粋でかっこいいと男性の間でも人気が高まっていますね。

しかし、中には、大人になってから一度も浴衣を着たことはない。でも、「気にはなっている!」「実は自分もチャレンジしてみたい!」という男性も多いのではないでしょうか?

だけど、

「着付け方が分からない」
「何を揃えていいのか分からない」
「なんか面倒くさそう」
「トイレはどうするの?」

などの理由からなんかやっぱり面倒くさいとしり込みしている人も多そうです。

でも、せっかく日本にいるのに浴衣を試さないのはもったいない!

そこで、男性が浴衣を着る場合に、最低限必要なものや着付けのコツ、浴衣でのトイレの行き方をご紹介します。

今まで浴衣を着ていなかった男性の方も、今年は浴衣デビューをしてみてはいかかでしょう⁈

【スポンサードリンク】

浴衣の着付けで男性に必要なものは?

浴衣の着付けで男性に最低限必要なものは、簡単に言えば、「ゆかた」と「帯」だけです。

男性用の帯は女性用に比べれば種類が少なく、大きく分ければ「角帯(かくおび)」と「兵児帯(へこおび)」の2種類です。

外出用に男性が浴衣に合わす場合は、写真向かって左側の「角帯」を選べば間違いないでしょう!兵児帯は柔らかい生地で、どちらかと言えば家でリラックスする時に使うという感じの帯です。

WS000055WS000056

結び目が出来ていてマジックテープになっている便利なワンタッチ帯もあります。

WS000001

先程、男性が必要なものは、簡単に言えば、「浴衣」と「帯だけ」といいましたが、もう少し細かく言えば、浴衣の下には下着を着ることをおすすめします。

素肌の上にそのまま浴衣を羽織っている方もみえますが、浴衣の下に下着を着た方が、汗を吸収してくれるので、下着なしよりも蒸れにくくなります。下着は、上下着用がおすすめですが、上だけでもOKです。

浴衣用の下着か、無ければ、VネックかUネックの下着でも代用できます。その際、浴衣を着た時にシャツの首が見えないようになるべく首元の切れ込みが深めのものの方が良いでしょう。

WS000007

また、浴衣を着なれていない方なら、帯の下に「腰ひも」を巻くことをおすすめします。

浴衣の着こなしに慣れた方なら必要ないかもしれませし、腰紐をするのを嫌な方もいらっしゃいますが、浴衣初心者の方の場合はあった方が何かと助かるでしょう。

腰紐を巻く利点は、浴衣を着付けする際、腰紐を巻いておくことで、帯締めに両手が空くので帯が締めやすいこと。そして、着た後の着くずれしにくいことです。

WS000005 (2)

足元は、草履や雪駄、下駄などが定番ですが、無い場合は、最近はサンダルという方もよく見かけます。普段履き出来そうな和柄の履物なども似合います。

イベントなどへ出かける際はたくさん歩くことが多いので、疲れにくく痛くなりにくい、履き心地のよい浴衣に合いそうな履物を選びましょう。

また、財布や携帯を入れる袋には、「信玄袋」があると便利です。

WS000005 (3)

 

男性用浴衣の着付けで合わせ前はどっち?コツは?

男性用浴衣の前はどっち?

浴衣の着付けで前を合わせる際にどっちが前(上)だっけ?と悩むことがありますよね。

和服は、男女問わず、左側を前(上)にして着ます。

ちなみに、死人に着せる場合は、右側を前(上)にして着せますので間違えないように注意して下さいね。

男性用浴衣の着崩れしない着付けのコツは?

男性が浴衣を着付ける際に気を付けたい、着崩れしないコツをご紹介します。

浴衣や着物は左右対称に作られています。そのため、浴衣の着付けでは、中心線を意識し、要所要所でずれていないか確認することが大切です。左右が非対称のずれたままで着付けていくと出来上がりが美しくないだけでなく、着崩れの原因になってしまします。

浴衣を最初に羽織って合わせていく時の、掛えりの線の位置がずれていないか、脊中心がずれていないかなどをポイントポイントでチェックしながら着付けることがコツといえます。

WS000008

左右対称を意識せずに適当に着てしまうと、着崩れてきて大変なことになってしまいます。逆に腰ひもを付けて、しっかり着付けていけば、少々のことでは着崩れません。トイレへ行った後でも少し直すだけで元に戻るので安心ですよ。

また、自分の身体にあった浴衣を選ぶことも大切です。余裕がある方は、出来れば自分の身体に合うように仕立ててもらいましょう。

着丈、腰回りの幅などが自分にぴったりサイズのものは、着心地や見栄えもよく、着崩れしにくくなります。

よく、細見の男性は浴衣が似合わないといって腰回りに詰め物をした方がいいのでは…?と悩む方もいらっしゃいますが、自分の身体ピッタリに合わせて作った浴衣ならそんな心配はいらず、かっこよく着こなすことができます。

浴衣でのトイレの行き方 男性の場合はどうする?

さて、なんとか浴衣を着こなせたという方、「浴衣を着ている時、トイレの行き方は男はどうする?」と不安になる方も多いでしょう。

男性の場合は、小と大とでトイレのスタイルが変わってきますね。適当にめくり上げただけだと、粗相の原因になることも…さてどうしましょう。

<浴衣でのトイレの行き方 男性 小の場合>

①まず、下の写真のように前を開きます。
②開いた浴衣のすそを帯の横に入れ込みます。
*手を放しても落ちてこないようにしっかりと入れ込むのがポイントです。
 ③終わった後は入れ込んだすそをゆっくり元に戻します。

WS000006

<浴衣でのトイレの行き方 男性 大の場合>

浴衣で男性がトイレに行く場合で、大の時のトイレの行き方は、小の時よりもっと思い切ってめくりあげるのがポイントです。

①モモンガのようにすそをゆっくり開き、肩にかかるぐらいすそをまくり上げます。写真のように手を放しても落ちないよう、帯にしっかり挟みます。
②終わった後は入れ込んだすそをゆっくり元に戻し乱れたところを整えます。

ステテコなどを履いている場合で上に上げにくい時は、いったん帯を少しだけ上にゆっくりズラし、ステテコを上げた後に静かに帯を下に押し下げると上手くおさまるでしょう。

WS000001

まとめ

浴衣の着付けで男性に必要なものと着崩れしないためのコツ、それから、意外に忘れがちなトイレの行き方についてご紹介しました。

今年は、ぜひ、ゆかたデビューしてみてはいかがでしょうか。今までとちょっと違う景色を体験でき、「なんで、もっと早く着なかったのだろう?」と、ゆかたにはまってしまうかも…

【スポンサードリンク】

コメント