【耳の水抜き】プールで耳に水が取れない!入った時の対処方法と出し方を紹介!

プール

プールやお風呂でシャワーを浴びていて、不意に耳の中に水が入って取れない時、耳の水抜きをあなたはどう対処されていますか?耳を傷めない簡単で効果的な水の出し方をご紹介します。

【スポンサードリンク】

プールで耳に水が入って取れないときは?

プールの時、耳に水が入ってしまった!しかも、それがなかなか取れない!耳の中で「ボンボン」と音が鳴って何だか耳が詰まったような感じで気持ちが悪い!という思いをしたことって1度や2度は誰でもある経験でしょう。

「いやいや私はプールには入らないので関係ありません。」という方でも、お風呂でシャワーを浴びている時に、不意に耳の中に水が入って取れなくなるなんてこともあります。

特にシャワーを浴びている時に耳の中に入ってくる水はたったの1滴だったりするのに、なぜかしつこく抜けなくて全然取れない!すごく気持ちが悪い思いをすることがあります。

そのように耳に水が入った時、あなたは普段どのように対処されていますか?

「自然に水は抜けていくだろうから放っておく!」という方も多いかもしれませんね。実際、耳に水が入ったまま放置しておくと確かに自然に乾いて抜けていきます。

しかし、長時間水が抜けないという場合もあります。耳に異常がない人の場合なら気持ち悪いだけで問題ないのですが、稀に鼓膜に穴が開いている方や耳の中が傷ついている方の場合は、鼓膜の中に水が入ってしまったり、炎症を起こして中耳炎などになったりする可能性も否めませんので注意が必要です。

耳に水が入ったときの対処の方法は?

ところで、耳から水が取れない原因は?なぜ、プールの時などに耳の中に入った水は抜けにくいのでしょうか??

それは、耳に水が入る時というのは、大概、鼓膜の手前の方にある外耳の部分に水が入ります。耳の入り口が乾いていると、浸透圧、表面張力の影響で中に入った水が外に出にくくなるからです。

その原理を踏まえて、耳に水が入った時の対処方法に応用します。

耳に水が入ったときの水抜き方法

①水が入ってしまった方の耳を上に向けます。

②そして、あえてその耳の穴に手ですくった水(呼び水)を入れて全体をぬらします。

③暫くしてから、ゆっくりと下に傾けます。

WS000004 (2)

すると溜まっていた水が耳から自然に流れ出ます。

 

初めは、自分で耳の穴に水を入れるのが怖いのでなかなか上手く入りませんが、慣れると、上手にできるようになります。

水が抜ける時はシュッと吸い取られたような感覚がするので水が抜けた瞬間が分かります。耳から水がきれいさっぱり抜けた後は本当に気持ちいいですよ。

 

【スポンサードリンク】

耳の水抜きのその他の方法は?

耳に入った水の出し方は、他にもあるので簡単にご紹介します。

①片足でケンケンする

多くの人がやってみたことのある、一番スタンダードといっても過言ではない方法ですね。この方法は、耳に直接振動を与えて水を抜く方法ですので、水が耳の奥まで入り込んでいない場合に効果を発揮します。よろけたり、滑ったりすると危険ですので、安全を確保した状態で行ってくださいね。
④ヨリで吸い上げる

ティッシュを2㎝ぐらいに切って細いコヨリを作り、ゆっくりと耳の中に優しく差し込みます。ティッシュで作ったコヨリなら突き当たりまで差し込んでも鼓膜を傷つける心配はないでしょう。これで鼓膜の近くに溜まった水を吸れる場合があります。
③外耳道は傾斜を利用する

鼓膜付近は少しへこんでいるのでコヨリを使っても取れない時は、外耳道の傾斜を利用して耳に詰まった水を出す方法の方が、より簡単かつ安全に耳の水抜きが出来る場合があります。外耳道の傾斜を利用して耳の水を出す方法は、まず仰向けになって寝転がります。そして、「あ~う~」「あ~う~」と口を開閉し1~2分間じっとします。その後、水が詰まっている方の耳が下側になるように、ゆっくりと頭をを転がしながら横向きになります。耳の奥の方から生暖かいものが「じゅわ~」と出てきた感覚を感じることが出来れば大成功!道具を使わず、誰でも簡単に安全に出来る方法なので、特に小さな子供さんにはおすすめの方法です。
④耳を温める

耳の中に入った水は、表面張力によって張りついているので、耳を温め表面張力を弱めることで上手く水が抜けることがあります。水の出し方は、水の入った方の耳に、ドライヤーや温めたタオルを耳に当てるなどして耳を温めます。屋外のプールの場合なら、太陽の熱で温かくなったプールサイドに水が入った方の耳を下にして寝そべってみるのも有効かもしれません。以上のような耳の水抜き方法を試しても、それでも水が取れない場合は、耳垢が水の抜けるのを邪魔している可能性があります。鼓膜近くに耳垢くずが引っかかるときにも、水が入ったような音がする場合があります。また、耳の中に水が入っている感じや違和感がある状態が長期間続くようなら別の原因が考えられる場合がありますので、心配な方は耳鼻科の受診をおすすめします。

まとめ

浸透圧の原理を利用した耳に水を入れる方法は、スイミングを習っている人ならコーチなどに教えてもらって常識かもしれませんが、習っていない大人で知らない人は意外に多い、知れば目からウロコのライフハックだと思います。

私も呼び水を使って耳の水を簡単に出す方法を知らない時は、頭をブンブン振って耳に入った水を無理やり出そうと試み、めまいで気分が悪くなりあきらめるという愚行をしてしまっていました。

自分の耳の穴に自分で水を入れるという行為は、始めはちょっと勇気がいり、慣れるまでは少しだけ難しいと感じますが、この「呼び水」を使って耳の水を簡単に出す方法を使うようになってからは、ほぼ間違いなく耳の中に入ってしまった水を簡単に抜くことができるようになりました。

これからの季節、耳に水が入る機会も増えてきそうですので、耳の水がなかなか抜けないという時はこの記事を思い出して、ぜひ、お試しあれ。

【スポンサードリンク】

コメント