マキタ掃除機コードレスおすすめ機種一番人気107口コミ!紙パックとカプセル比較

公開日:  最終更新日:2018/10/04

コードレス掃除機って結構なお値段がするものが多い中、手に入れやすい非常にリーズナブルな価格でありながら、「安かろう悪かろう」なんて言わせない、なんだったら、高価格帯の商品にも負けないくらいの隠れた名機を、実際に1年使ってみた感想レビューなどを交えながらご紹介します。

コードレス掃除機の人気商品と言えば、最近ではダイソンのハンディタイプを思い浮かべる人は多いのではないかと思います。実際、価格.com などの売れ筋人気ランキングをチェックしてみても、ダイソンシリーズが上位を占めています。

しかしそんな中、コードレス掃除機の様々な人気ランキング等で常に1位や2位辺りをキープしながら、ひときわ存在感を放っているのが、「マキタのコードレス掃除機」です。

 

マキタ掃除機コードレスのおすすめ機種は?

「マキタ?聞いたことないな!」という方も多いかもしれませんが、マキタは、家電メーカーではなく、愛知県にある電動工具や木工機械などを作っている工具メーカーです。

だからマキタの掃除機には、家電メーカーには出せない「マキタ」で培われた機械モーターに関する知識と技術力をふんだんに生かして作られています。

業務用のノウハウを活かし、小型なのに丈夫でパワフルなモーターが搭載されているのがマキタ掃除機の最大の強みです。

マキタ掃除機のシリーズはたくさんありますが、「マキタ掃除機コードレス」のおすすめ機種は、ズバリ、マキタ 充電式クリーナ 10.8V バッテリー・充電器付 CL107FDSHW です。

この「マキタコードレス掃除機 107」(CL107FDSHW)は、マキタのコードレス掃除機のなかでもコスパ最高の「神モデル」と呼べる本当に優れたモデルです。

 

マキタコードレス掃除機107(CL107FDSHW)の特徴をご紹介します。

マキタのコードレス掃除機107のモデルは、2016年9月に発売された後、価格.comなどのコードレス掃除機部門で人気が急上昇し、一時は、あまりの人気に入手困難になり、再入荷がいつになるか分からないような状態であった時期もあります。欠品状態の時期には、価格も上昇し、一時は2万円越えで売られていたこともあり、それでも「入手まで半年待ち」などというのは当たり前のような状態でした。

今現在は、価格も落ち着き、在庫状態も落ち着き、品薄で入手できないということはなくなりましたが、それでも、未だに人気ランキングの1位2位を争う程の人気は健在です。

なぜ、マキタの107モデルはそこまで人気が急上昇したのでしょうか?そして、発売から1年以上経った今でもその人気が続いているのはなぜなのでしょうか?それは、CL107FDSHWのスペックや特徴に秘密が隠されています。

マキタコードレス掃除機 CL107FDSHW スペック&特徴

(充電回数も多く、急速充電特性も良好、電池を使い切らずに繰り返し充電する”継ぎ足し充電”をしても電池に悪影響を及ぼさない、放電が少ないリチウムイオンバッテリーを使用!)

リチウムイオンバッテリー
10.8Vスライド式

(パワフル吸引でスキマに入り込んだゴミもしっかり吸引!)

吸い込み仕事率
【パワフル】32W 【強】20W  【標準】5W

(けっこう長持ち!)

1充電当たりの使用時間
【パワフル】約10分 【強】約12分  【標準】約25分

(腕への負担軽減で快適!)

軽量ボディ
質量 1.1Kg

(お掃除の合間にサッと充電!)

急速充電
約22分充電

(こんなところも嬉しい!)

便利機能

薄暗い場所等のお掃除に便利なLEDライト付!

バッテリ容量が少なくなった場合は点滅してお知らせ!

真っすぐ立てやすいノズルは、床面に密着して浮かないから奥の奥まで届きソファーの下もラクラク!

大人気となっているマキタのコードレス掃除機「CL107FDSHW」のパワフルモードでの吸込仕事率は32Wです。32wと言われても、家電に詳しくない者にとってはなかなかピンとこないですが、国内競合メーカーの同クラス製品と比較しても引けを取らないだけでなく、更に注目すべきは、マキタの高電圧で大容量の14.4Vや18Vある業務用シリーズより吸込仕事率が高くなっている点です。107モデルは、一般向け商品でありながら、業務用に匹敵するパワフルな吸引力を実現しています。しかし、それにも関わらず、価格は一般向けのお手頃な値段(一万円台前半)であるところが最大の注目ポイントで、大人気商品になった要因のひとつであることは間違いないでしょう!

マキタ掃除機コ―ドレスで一番人気の107口コミ!

マキタ コードレス掃除機107  「良い口コミ」

ダイソンと迷ったけど、口コミが良かったマキタを購入しました。最初はおもちゃみたいで大丈夫なの?と思いましたが、使ってみると普通使いに良く、軽くて負担にならないので手軽に掃除ができます。軽いので4歳の息子が率先して掃除機をかけてくれるようになりました。マキタを選んで良かったです。

思ったときにかけられるからコードがないって素晴らしい。暗い場所では自動でライトが付くのですごく便利です。

これまで使っていたコード付き掃除機が壊れたので、あちこちで評判の良かったマキタを購入してみました。うちにはフローリングの部屋しかないので、パワーはこれで十分です。

建築現場やビル、駅などで使われるマキタですので安心出来ます。

コードタイプの掃除機を15年間使ってきましたけれど、マキタの掃除機は思っていたよりも軽く、使用時間も気にならないくらい快適でした。もっと早くから、知っていれば良かったと感じる商品でした。

また、ルンバで取りきれなかった所の仕上げに使うのに手軽で便利なんて声もありました。

マキタ コードレス掃除機107  「悪い口コミ」

もう少し使用時間が長持ちすると良いですね。予備バッテリーあった方がストレス感じないと思います。総合的には、この性能でこの価格であれば十分満足です。

 

ヘッドには回転ブラシがないのでカーペットに絡み付いた糸くずなどは難しいようです。絨毯では少しパワー不足を感じますが、フローリングでは十分使えると思います

マキタ コードレス掃除機107  「総評」

一応、全ての部屋を掃除しても大丈夫な性能がありますが、あくまでも一般的な家庭では、「セカンド掃除機」ぐらいの位置付けをイメージして使う感じでちょうど良いかも知れません。

大きなお家で部屋数が多かったり、フローリングではなく絨毯(じゅうたん)の部屋が多かったり、ペットを飼っていてカーベットに絡みついた抜け毛をどうにかしたいなど絨毯(じゅうたん)、カーペット、ラグや敷物などを「がっちり吸引したい!」というような場合であれば、ヘッドにはタービンがついていませんのでし、吸引力に少し物足りなさを感じる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、個人的な意見を言いますと、1年使ってみた我が家の場合ですが、部屋はほとんどがフローリングですし、カーペットを敷いている部屋もありますが、吸引力に全く問題を感じたことはありません。バッテリーも1度フル受電をしておけば、4部屋全て途中で切れることなく掃除できます。しかも、お手入れも簡単で、充電は高速充電なので、ほんの10分~20分程度あれば、あっという間にでフル充電になりますから、掃除が終わったらすぐに充電してスタンバイしておけば次にはまたすぐに使うことが可能です。

音に関しては、静かとは言えないかもしれませんが、至って普通かそれ以下の掃除機の音で、特にうるさいとも思いません。

以前は、ダイソンのコード付きでヘッドに回転タービンが付いているものを使っていましたが、角や淵の所などはゴミを弾いてしまうのか結構吸い残しがあって不満でした。でも今のマキタのコードレス掃除機は、ヘッドに回転するタービンがなく、ただシンプルに吸い上げるだけの構造ですが、それがかえって、フローリングばかりの我が家には合っていてるのか、以前不満だった吸い残しがほぼ気にならなくなりとても満足しています。

マキタ掃除機 紙パックorカプセルを比較

ところで、マキタのコードレスクリーナーには、大きく分けると、「ゴミ捨ての方法」「スイッチのスタイル」が違う2つのタイプがあります。

マキタコードレス掃除機107(CL107FDSHW)は、「紙パック式」で、「ワンタッチスイッチタイプ」です。

「ゴミ捨ての方法」には、「紙パック式」「カプセル式」の2つの集じん方式があります。

「紙パック式」は、ボタンを押せばフロントカバーがオープンし、セットしておいた紙パッをゴミ箱に捨てるだけなので衛生的で汚れず簡単にゴミ捨てができます。

「カプセル式」は、カプセル部分をひねって外し中に入っているゴミを捨てるだけです。少々のお手入れは必要ですが紙パックが不要なので経済的です。オプションで、「マキタ クリーナー用フィルタ」を取り付ければお手入れが更に楽になります。

ちなみに、オプションのマキタの純正「マキタサイクロンアタッチメント」を使えば、ゴミを分離をしてくれるためごみ捨てはかなり楽になります。2018年1月にマキタから充電式クリーナー用「サイクロンアタッチメント(A-67169)」が発売されました。クリーナー本体の吸込口と延長パイプの間に「サイクロンアタッチメント」を取り付けて使用すると、ダストカップや紙パックへのゴミの侵入を減らすことができ、吸引力の低下を防ぐというシロモノ。ゴミ捨ての頻度を減らすことができるメリットがあります。

「マキタ クリーナー用フィルタ」 +「サイクロンアタッチメント」は検討の余地がありそうです。

「マキタ クリーナー用フィルタ」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ 充電式クリーナー用部品 〔フィルター〕(10枚入)
価格:864円(税込、送料別) (2018/5/7時点)

 

「サイクロンアタッチメント」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ コードレス掃除機 サイクロンアタッチメント A-67169
価格:3024円(税込、送料別) (2018/5/7時点)

「スイッチのスタイル」には、「ワンタッチスイッチ」「トリガ式スイッチ」の2つがあります。

「ワンタッチスイッチ式」は、スイッチをONすれば自動で連続運転が可能で、スピード調節もついています。

「トリガスイッチ式」は、使いたい時にレバーを握り込むことでスイッチがONになります。手動でON/OFFが簡単にできるので、家具や小物をどけながら掃除機をかけるような時には重宝します。

余談ですが、107と機能はほぼ同じで、「ゴミ捨ての方法」&「スイッチのスタイル」のタイプが違う、マキタコードレス掃除機106という型番の商品があります。そちらの商品は、「カプセル式」で、「トリガスイッチタイプ」です。

我が家のダイソンが壊れて、マキタ107を2台購入しようとしていたところ、ショップの方に、どうしても紙パック式が良いなら別だけど、個人的には「106」の「カプセル式」で、「トリガスイッチタイプ」の方が経済的だし、使い勝手が良いとおススメされました。ならば両方使ってみたい!ということで、106と107を1台ずつ購入しました。

107もさることながら、106はおススメされた通りとても使い勝手が良い商品でした。そして、実は我が家ではこちらの106の方をメインに使っています。お手入れの少なくて済むゴミパック式を子供用にし、毎日使う掃除機としては、紙パックを使わないから経済的なカプセル式の106を使うことにしました。

それに、家具や小物を動かしながら掃除したいので、トリガスイッチは便利です。掃除機をONにしている時は、常にレバーを握っていなくてはいけないので、少々手は痛くなりますが、慣れればさほど気になりません。

お手入れが簡単で、スイッチも自動がいいなら、迷わず107!多少のお手入れは気にしないし、掃除の際に家具や小物の手動スイッチが便利だと思う方は、106をおススメします。

バッテリーも同じものを使っていますし、多少の違いはあれど、基本的なスペックはほぼ変わらないので、どちらを選んでも満足いくことは間違いないでしょう。

まとめ

マキタのコードレスクリーナーは、吸引力と手軽に掃除をすることができるのでとても便利です。口コミの総評には、「セカンド掃除機の位置づけをイメージ」と書きましたが、実は、”常に使うメインの掃除機”になっているというお宅も多いようです。

実際に使っている方の口コミなどを調べていると、「ダイソンなどの大きくしっかりとした掃除機も持ってはいるけれども、出すのが面倒なので、ついついハンディタイプのマキタのコードレス掃除機ばっかり使っています!」というような口コミをよく見かけます。

かくゆう我が家もそうですが、始めはダイソンも持っていましたが、ダイソンが壊れたのを機に今は、大きな掃除機は持たず、マキタのコードレス106と107の2台持ちです。そして、うちの場合は、ほぼマキタのカプセル式コードレス106のみの使用で十分過ぎるほどの役割を果たしてくれています。

以前は、掃除機をかけるのは面倒だな!今日はまっいいかっ!ていうことも多かったのですが、気付いた時に、壁に立て掛けてある掃除機を取って手軽に吸っちゃえるので、毎日の掃除機どころか、1日に数回かけても全くもおっくうではなくなりました。

マキタの106と107を1年使ってきて言えることは、お掃除は手軽が一番!気付いた時に手軽に掃除できるマキタのコードレス掃除機のおかげで、いつの間にか苦も無く小まめな掃除ができるようになっていたのには自分でも驚いています。マキタのコードレス掃除機は、もう手放すことのできない、なくてはならないお掃除の相棒になっています。

1年使ってみましたが、どちらも素晴らしい商品で自信をもっておススメできます!

あなたも「マキタワールドへ」ようこそ!

マキタのコードレス掃除機を使い始めたら、きっともう手放せなくなりますよ。

マキタのコードレス掃除機106と107では、結局どちらがいいの?と悩んでしまった時は、「ゴミ捨ての方法」「スイッチのスタイル」をご自身のライフスタイルに照らし合わせてどちらが良いのか検討してみると決めやすくなるのではないかと思います。

最終的にどちらを選んでも、きっと満足するはずですよ!」

マキタ 掃除機 10.8V 充電式クリーナーCL107FDSHW

(紙パック式&ワンタッチスイッチ)はコチラ

      ↓

 

 

マキタ 掃除機 10.8V 充電式クリーナーCL106FDSHW

(カプセル式&トリガ式スイッチ)はコチラ

      ↓

 

 

マキタ 掃除機 10.8V 充電式クリーナーCL106FDSHW 

サイクロンアタッチメント付き 送料無料でお得セット!はコチラ

      ↓

 

【スポンサードリンク】

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑